タカラスタンダードショールームで体感!「家事らく」キッチンリフォーム

「自宅キッチンをリフォームしたいけれどまだ具体的に動けていない」
そんな方におすすめしたいのがメーカーショールームです。
実際に商品と触れ合い、体感することで「なんとなく」が「こんなふうに」と具体的になり、あなたのキッチンリフォーム計画が始動します。

[目次]

  • 1:タカラスタンダードのショールームへ行こう!
  • 2:ショールームは自由に見学してください!
  • 3:お客様のイメージを組み立てるお手伝いをしたい!
  • 4:ホーローの魅力はお手入れの簡単さにあり
  • 5:「家事らく」キッチンコンセプトで掃除も収納も楽々
  • 6:タカラスタンダードのおすすめ「家事らく」キッチンご紹介
  • 7:ショールームでよくありそうな質問をぶつけてみた!
  • 8:タカラスタンダードのキッチンはずっとキレイが続く!

1:タカラスタンダードのショールームに行こう!

日本には国産のキッチンメーカーだけでも10社以上あり、その多くが全国各地にショールームを展開しています。
今回、編集部はシステムキッチンやシステムバスなどを製造・販売するタカラスタンダードさんの新宿ショールームにお邪魔し、担当者の方をインタビューさせていただきました!
そこで直接プロにお伺いしたキッチンリフォームお役立ち情報を、ショールームの魅力と共にお伝えしていこうと思います。

タカラスタンダードはホーローにこだわったキッチンを作り続けている会社です。その魅力を最大限に活かしたキッチンから、バリアフリー社会に適応したミニキッチンまで使う人のことをとことん考えた商品が揃っています。
タカラスタンダードのショールーム、どんなキッチンが待ち受けているのかとても楽しみですね。

2:ショールームは自由に見学してください!

西新宿にあるタカラスタンダードの新宿ショールームにやってまいりました。ショールームの中では存在感のあるキッチンたちがひしめき合っていて、期待が膨らみます!

今回お世話になるタカラスタンダードの中嶋さんです。よろしくお願い致します。

よろしくお願いします。

まずこのショールームではどんな体験ができますか?

こちらのショールームでは「タカラのキッチンを導入することによって生活がどう変わるのか」という体験と「お手入れ・お掃除」や「収納」などを実際のキッチンで確かめることができます

ここではネットで掲載している商品は全部見ることができますか?

商品にはかなりカラーバリエーションがございまして、各モデルの全色を見ることはできないのですが、扉サンプル含めて、基本的に各モデルの本体に関してはご覧いただけます

これいいなというキッチンを目にしたとき、多くの人が考えることは①「うちに入るか」②「うちに合うか」③「いくらかかるか」の3つだと思います。この3つはこのショールームで解決ができると考えて大丈夫ですか?

①に関してはショールームにいらっしゃるときに部屋の間取り図があれば一番なのですが、単純に6畳ですとか8畳ですとかの大まかな間取りをお伝えいただければレイアウト案をいくつかご提示させていただきます

②に関しては、お部屋の写真などお見せいただければ、こんなお色が合うのではないか、こんな素材を床面に使用してはどうか、といったご提案をさせていただくこともできます

③に関してはそのようにご提案させていただいたものがおおよそいくらかかるか、はお伝えできるかと思います

ですので、ご懸念のポイントは3つともショールームで解決することができます。

ショールームは「買う決心がついている人が行く商談の場」と捉えている人は大勢いると思います。実際のところ、どうなのでしょうか?

実際は、リフォームのリの字でも思い立ったときにお越しいただき、自由にご覧いただければと思います。その時に何か気になる点があればスタッフにお声がけいただければ、お客様が求めるところのレベルまでお話させていただきます。例えば「まだ金額のことまでは…」という場合は、商品の情報のみに留めておきます。

とりあえず自分たちだけで見たい場合、係りの方にはなんてお伝えすれば良いですか?

基本的に、いらっしゃったお客様にはまずお声がけさせていただきますが、その際「自由に見たい」とおっしゃっていただければ大丈夫です。

3:お客様のイメージを組み立てるお手伝いをしたい!

タカラスタンダードのキッチンを導入しようというお客様は主にどんな層の方たちですか?

年齢層は本当に幅広いですね。30代から80歳を超えてらっしゃる方まで、多くの年代の方にご愛用いただいています。同様にご予算も十人十色ですが、タカラに興味を持っていただいてるお客様に大きく共通しているのが「長くじっくりしっかり使っていきたい」という方たちに最終的にはフィットしているな、という印象です。

20代はあまりいないですか?

20代でリフォームをお考えの方は少ないですね。ただ、最近は中古物件を購入してリノベーションされる20代の方もお越しになります。
地方によっては早いうちに世帯住宅にされるなどのリフォームをされる方も多いというお話をよく聞きます。

都心と地方でお客様の状況はかなり変わりますね。
中嶋さんはこれまで多くのお客様と接してきたかと思いますが、初めて来たお客様の心をがっちりと掴む秘訣ってありますか?

最初にいらっしゃった時はお互いに緊張感がありますが、タカラスタンダードの一番のアドバンテージでもある「お手入れ」のことをお話させていただくとお客様との距離を縮めることができますね。
特に女性はお手入れに関するお話にはかなり興味深く耳を傾けていただけますね

接客する上で(また、接客してきた中で)ここは気を付けている、という点はありますか?

ショールームに入るのってなかなか勇気が要ると思うんですよね。帰りに住所を書かなきゃいけないのかな、と考えると面倒に感じるお客様もいらっしゃると思います。
様々な思いでお客様はいらっしゃるので、お客様が係りの案内を必要とされる瞬間というか、その空気感を感じ取れるよう、気を配っています

とにかくお客様が必要とするタイミングをすかさずキャッチするということですね。

ひたすら五感を研ぎ澄ませながら、待ちの姿勢です。何度でも足を運んでいただきたいので

忍耐勝負でもあるという感じですね。
相談したいときって、かなり抽象的なイメージしかなくてもいいのでしょうか?例えば、インスタ映えする外観がいいなとか、収納多めのキッチンがいいなとか。

もちろん大丈夫です。ただその「インスタ映え」の表現に関してはお客様によって差があるので、雑誌の誌面や広告、キャプチャーで構わないので「私はこんなのが好き」という何かヒントをお見せいただければ嬉しいです。「その写真のどんな部分がお好きですか?」というところからお話させていただき、イメージを組み立てていくお手伝いをさせていただきます

共同作業でイメージを明確化していくということですね。
もし、これいいなという商品があった場合、その場で見積もりは無料で作ってくれるのでしょうか?

だいたいこれくらいになるというざっくりとした額はその場でご提示できます。ただし細かな部分までイメージが固まって、それに伴ってカスタマイズがおこなわれた場合は後日郵送ということになります。もちろん無料です

4:ホーローの魅力はお手入れの簡単さにあり

タカラスタンダードといえば言わずと知れた「ホーロー」ですが、創業以来ブレることなくこだわっていらっしゃるホーローとはどんなものですか?

ホーローを簡単に言えば、鉄にガラスを焼き付けたものです。表面がガラス質になりますので、他の素材のように微細な空洞が無く、窓ガラスなどと同様に汚れや火に強く、お手入れが簡単であることがホーローの利点となっております。

多くのメーカーがステンレスキッチンをメインプロダクトにしていますが、ホーローであることのメリットはなんですか?

やはり清掃性でしょうか。清掃性に関しては百聞は一見にしかずということで、これより御覧にいれます。
まずは私どもアドバイザー必携の油性マジック、金属タワシ、ワイヤーブラシ、そして水の入った霧吹きを用意します。

この中からまずは油性マジックを油と見立ててこのように落書きをします。

これを水を吹きかけた雑巾で拭くだけで、このように落書き、即ち油汚れが落ちます。

次に、金属タワシでこれをゴシゴシとやります。当然普通でしたら金属タワシにより壁面が傷だらけとなります。

しかし拭きとってみると、そこには傷一つありません。なぜなら、ガラスゆえの耐摩耗性が発揮されているからです

そしてガラスは、火にも強いということを証明してみましょう。火で炙っても煤(すす)がつくだけなので、こちらも拭き取れますし、変形・変色していないことがお分かりいただけると思います。

次に、少々荒っぽいですが、木槌でキッチンの扉表面を強く叩いてみますね。ご覧ください。
確かに凹みは生じますが、凹みにガラスがくっついていっていってるのが分かりますでしょうか?ガラスには割れやすいという弱点がありますが、ベースの鉄がその弱点をカバーします。
そして、タカラスタンダードのホーローは鉄への密着が高いため、衝撃を受けても鉄と共に凹み、決して割れはしません。もちろんご家庭でこんなことはしないでしょうし、しないでくださいね(笑)

タカラスタンダードではこのホーローを一般的には木を使う底板や裏面などにも使っています。見えないところの隅々までホーローを使っているからタカラスタンダードのキッチンは湿気の多い水場に最適で丈夫。いつまでも清潔を保てるのです。もちろん、錆びることもありません。

そしてもう一つ見ていただきたいのがこの模型です。
こちらの模型は今主流となっているフラットパネル(整流板)の付いた換気扇のメカニズムを再現しています。整流板があることで油や煙の吸い込み力が強くなる事を実感いただけると思います。

こういうギミックがホームページなどでは伝わらないところなのですよね。是非ショールームで体験してほしいところです

5:「家事らく」キッチンコンセプトで掃除も収納も楽々

ホーローのほかに、ここは他社以上に力を入れてるぞ!という点を教えていただけますか?

「家事らく」というコンセプトでしょうか。お手入れのしやすさというところでは競合他社様以上に力を入れているかなと思います。ホーローゆえの清掃性の高さは勿論ですが、収納に関してもこの「家事らく」のコンセプトが如何なく発揮されていると思います。

ホーローは鉄にガラスを吹き付けた素材なので、マグネットがつきます。その特性を利用して収納にマグネットで付く間仕切りをつければ、単純に平置きするよりも収納力が増します。
(下写真の)左右の引き出しは、単純に平置きにした場合と間仕切りを用いて整理整頓した場合ではこのように一目瞭然で収納量の差がわかります。

何よりも、整理してあると取り出しやすくもなります
好きな位置に棚を取り付けることができます。(写真下)

ワークトップに物を置かないで済むので、作業スペースも広くなりますし、好きな数や場所がカスタマイズできるので、使い勝手の高い便利な棚ができあがります。

また、食洗器も「家事らく」の特筆すべき点のひとつなのですが、一般的に食洗器はシンクのキャビネットの隣に設置することが多いですよね?タカラスタンダードでは「家事らく」を追求し、食洗器をシンクの真下に設置することにたどり着きました。

シンクの下は油やお醤油など大きめのボトルの調味料などを入れているイメージですが。

通常、食器洗い乾燥機をシステムキッチンに組み込むと、どうしても調理スペースの引き出しが減ってしまいますが、シンク下に設置することでワイドな幅の引き出しを確保できるだけでなく、食器をセットする時に水だれしません。

また、一般的な食洗器が入るシンク下隣に収納を設けて、そこに油やお醤油などのボトル物、みりん、ラップやジッパー付き保存袋を入れられます。水場の直下でなくなる分、パスタの乾麺や小麦粉などの粉物も安心して収納可能です。
こうした工夫が家事の手間をラクにするのです。

確かにシンクでは水がたくさん使われるわけですから、下に湿気が溜まり結露も出てしまいますよね。

収納が良くなると、調理の効率も上がります。さらに家事導線のことを考え、3層構造で「洗う・切る・捨てる」の作業をスムーズにできる「家事らくシンク」もご用意しています。

下段に水切り板を設置しているので、効率だけでなく衛生面でも多くの潜伏菌が潜むシンク底面に野菜などの食材を直に触れさせないで済むというメリットがあります

上段にはまな板をセットできるので、野菜や果物の切れ端、魚をさばいたときの生ごみなどをそのままステンレス製のゴミ受けに送ることができ、とても衛生的です。

これならシンクも調理スペースとして、有効活用が可能です。

ご覧のようにシンク左端の排水口の上にダストエリアが設けられてあるので衛生的。

6:タカラスタンダードのおすすめ「家事らく」キッチンご紹介

キッチンを変えたいという動機には、新しくしようという「リフォームタイプ」と、まだまだ現役だけど生活の質を高めるために付加価値を求める「リノベーションタイプ」の2タイプがあると思いますが、それぞれで求める商品に違いはありますか?

商品自体に違いはないと思います。リフォームしよう、リノベーションしよう、と思われた方がどのように変えたい、どのように改善したい、という点がポイントになってきます。お客様のライフスタイルや、実際にお家の条件をお話しいただいて、理想と現実との間でベターな提案をさせていただこうと思っています。 

では実際に商品をいくつかご提案いただけますか?またその商品についてショールームでぜひ体感してほしい点、その商品でのリフォーム具体案などをいただけますか?

お客様のご要望に対して様々に応えられるアイテムというと「レミュー」というシリーズが充実していると思います。おすすめは断然レミューシリーズですね

「レミュー」はプレミアムクラスに位置しますか?

プレミアムなキッチンではありますが、結局キッチンというのは組み合わせでして、選び方によってお値段が変わります。価格帯の高さというよりも、選択肢が多さということですね。

つまりベースになるものが「レミュー」にあって、そこからカスタマイズしていくということですね?

その通りです。

ベースとなる「レミュー」ですが、どんなキッチンですか?

こだわり抜いた機能でしょうか。調理効率や清掃性、清潔維持、強力な収納力など、このキッチンで家事をスムーズにこなせるよう、全ての機能にこだわったモデルがレミューです
また、バリエーションも多く、カスタマイズ性が高いという特徴もあります。
ワークトップはクォーツストーン、アクリル人造大理石、ステンレスの3種類から選べますが、おすすめはやはりハイエンドのクォーツストーンです

思わず頬ずりしたくなるクォーツストーンのワークトップ。
色は6種類から選べます。(写真の色はブランソルベ)

クォーツストーンとは天然水晶を主成分として樹脂などを合成した素材なのですが、樹脂を加えることで天然水晶を切り出しのまま使用した時に出てしまう脆さや汚れやすさという欠点を補うことができます
ホーロー同様にワイヤーブラシで削っても傷がつかないタフさを誇ります。傷がつかないということは、汚れが付着した際に拭き取っても汚れが傷に入り込まず、水分を吸収することもないのです。極論を言えばこの上でそのままパンがこねられるほど清潔性が保てる素材となっています。

では次に、レミューの下位モデルとして位置しているモデルをご紹介ください。

はい。「エマージュ」と「リテラ」というモデルがレミュー直下のモデルとしてラインナップされています。また、ホーローを使用していて最もリーズナブルなモデルとしては「エーデル」というシリーズをご用意しています。

エマージュ

エマージュのカントリースタイルコーディネート。扉カラーのウォルナットグレージュが家族のぬくもりに寄り添い温かみがあります。(※1)

リテラ

リテラのミッド・センチュリースタイルコーディネート。文字通り中世の貴族の屋敷の家具を思わせるパールブルーグリーンカラーが気品あるアンティーク感を醸し出しています。(※2)

※1・2:エマージュ・リテラは2020年4月中旬で受注終了となります。

トレーシア

2020年2月下旬に発売するのがトレーシアという商品です。使う人が永く愛せる「たからもの(Treasure)」のようなキッチンになってほしい、そんな想いを込めて作り上げたキッチンで、流行のブラックインテリアにもマッチするコンクリート調の扉など、扉デザインがホーローキッチンの中では最多の18色の中からお選びいただけます。(※3)

※3:トレーシアは2020年2月25日より受注開始となります。

エーデル

30万円代から買えるエーデルは、最上位機種となんら変わらない高品位なホーローキッチンをシンプルな機能だけで手に入れたいという人におすすめです。

比較的リーズナブルな値段設定になっていますが、ホーローを活かした「家事らく」コンセプトはレミュー同様となっております
最もリーズナブルなエーデルは、ホーローの良いところをそのままに、価格を抑えたものです。価格を抑えてある分、カスタマイズ性が上位機種に比べて劣りますが、基本性能で絞り込んであるので、価格以上のパフォーマンスを感じていただけるかと思います。

1点気になったのですが、アッパーグレードからボトムラインまで、全て共通してホーローが使用されていますよね。これはグレードによりホーローの品質も変わってくるのですか?

いいえ、品質は基本的には同じです。基本的に、というのはアッパーグレードになると扉のホーローの色出しには少し手間をかけて色や柄を出しています。ただし、ホーローの品質に関しては同一となっています。

ご紹介いただいた商品を実際に導入した方からはどういったリアクションがありましたか?

非常に多くいただくのが、「こんなに変わるのならもっと早くにやっておけばよかった」ですね。「迷っている時間は何だったんだろう」というお声もいただきます。

リフォームを迷ってモヤモヤしている方は意外と多いと思います。そういった方に対して、「この商品や機能のココがおすすめだから是非体感してみて!」といったところはありますか?

ご体感いただいて、目を覚まさせるという部分ではレンジフードでしょうか。それこそ「今までの何だったんだろう」と、このショールームで思ってしまうかもしれません。
タカラスタンダード独自の「ホーロークリーンレンジフード」は、整流板からグリスフィルターなど、ファンに到達するまでの部分にホーローを使用しています。汚れの97%はここに付着しますが、取り外しが簡単にでき、お手軽に汚れを取り除くことができるので、汚れが溜まることなく、いつまでも美しい状態で保つことができます。
ホーローの性能はもちろんですが、吸い込み性能も格段に高くなったいま、時代の潮流をいくレンジフードを是非こちらで御覧になってください。

女性では難しいと考えがちの分解清掃も簡単です。ファンは通常のようにネジをいくつも外さないでもボタン一つで取り外せます。

そうですね、あの模型を見た時はある意味ショックでした(笑)

今までの何だったんだろう、って思いましたか?

心底思いました(笑)

ひとつひとつそういう疑問が解決できるのがショールームですからね。説明はWebでもカタログでもされていますが、目で見て実感となるとショールームなればこそなのでどのメーカーさんもショールームの存在を大切にされているのだと思います。

そうだと思います。さて、今ご紹介いただいた商品ですが、各地のどのショールームに行っても見られますか?

もちろんです。タカラは全国に約170箇所ショールームがございます。どこでも同じようにご覧いただき、ご体感いただけます。
今でしたらホームページの方で全国のショールームの実際の展示状況を写真掲載しているので、お近くのショールームにどのようなキッチンが展示されているか、事前にご確認いただけます。
タカラスタンダード各地のショールーム検索

実際に調理を試す体験もできるのですか?

あいにく新宿ショールームでは調理はできないのですが、ショールームによってはイベントなどの時に体験調理などを行っていたり、予約すれば使用体験できる場合があるので、ショールームのイベント情報などをWeb上でご確認いただくか、お近くのショールームにお問い合わせください
タカラスタンダードショールーム各地のイベント情報

7:ショールームでよくありそうな質問をぶつけてみた!

タカラスタンダードさんはキッチンの交換時期っていつ頃とお考えですか?

一般的には20~25年と言われています。しかし先ほどもリノベーションという言葉がありましたが、使い勝手の改善やライフステージに変化があるタイミングも交換時期ではないかと思います。
例えば、今まで(家族)5人だったけど今や2人だな、といった場合でしょうか。60代以降の方のご購入が多い所以はそのようなきっかけが多いようです。

なるほど、家族の数の変化で検討される方もやはり多いのですね。
ちなみに、商品の幅のバリエーションって選べるのですか?

間口は様々なタイプをご用意しています。シリーズによっては1cm刻みでご用意できるキッチンもございます。
日本の建築は基本的に15cm刻みのモジュールを使っているので、2m55cmや2m70㎝というのが一般的な規格品であります。もし2m65cmの製品が欲しい場合、2m55cmをベースにワークトップを一枚板で作り、隙間が出たところは扉と同じ素材と色の板をはめる、というような作り方で上手く合わせていきます。

どのようなサイズにも対応していただけるのですね。
サイズ面でキッチンを選ぶ際に、最も重要視しなければいけない点は何でしょうか。

単純にキッチン本体のことで考えるなら主にご使用になられる方の身長に合わせた「高さ」でしょうか。レイアウトで考えるなら動線を考えなければなりません。どこでご飯を食べるのかなども重要で、そうすると奥行きも重要となってきます。
とにかくお部屋の畳数を把握した上で、お選びになるのが間違いのない選び方ではないかと思います

一戸建ては問題ないと思うのですが、マンションでも導入はできるのですか?

両方とも可能です。

IHとガス、最近ではマンションだとガスよりもIHというトレンドを感じるのですが、戸建てとなるとやはりガスを推されますか?

賃貸マンションがIHを導入するのはその安全性をオーナーさんが評価されてのことと思いますが、実際問題としてマンションの方がIHを入れるのが難しいケースが多いんです。IHは電気使用量が増えるので、古いマンションの場合だとアンペアのこともあり「マンション自体が持っている電気容量を超えてしまっては困る」と管理組合の方で何アンペアまでとルールを設けているマンションもあります。
そういった意味では戸建てでしたらアンペアの事を考えずに好みで選べるためか、IHを選ぶケースが多いです。ただ、戸建てに対してガスを推すわけではありません。

「IHよりガスの方が料理しやすいのでは?」と考えてガスにする方も実際のところ多いのではないかと思いますが、そのへんはどうなのでしょうか?

IHの性能自体はかなり進化しているので、その点は問題ありません。しかし実際は、自宅の熱源、例えば給湯器を電気にするかガスにするか、そこに揃えた方が経済的にはお得です。ガスの給湯器ならばガスコンロを選び、自宅がエコキュートなど電気給湯の場合はIHを選んだ方が無駄がない、という感じです。

なるほど、その視点で考えたことはありませんでした。
さてお金の話が出たところで、予算的な理由から、システム全てを導入するのではなく、1部分だけの導入はできるのですか?

もちろん可能です。水栓や加熱機器、レンジフードなどは10年ほどしたら取り換え時期が来るので、一部分のみの購入も可能です

価格についてですが、それぞれの価格に工賃はどの程度プラスされるのでしょうか?

今の位置に同じ寸法で、という単純入れ替えであれば、工事日数やおおよその目安となる金額は申し上げることは可能です。
しかし、床や壁の張替など修繕が必要な場合、工務店さんにお家を見ていただかないとわからない部分でもあります。
大枠の予算をこちらでイメージしていただくことは可能ですがその際に注意しなければいけないのは、例えばキッチンリフォームに100万円の予算があるとして、100万円のキッチンがご購入できるわけではありません。工務店さんに払う設置費用や運搬費用などおおよそ30万くらいかかるので、ここでは70万円のキッチンをお選びになるのが賢明です、という説明の仕方で対応させていただいています。

そうですよね、ここでは根本的に買えないですからね。

おっしゃる通り、こちらはメーカーのショールームとなるので、実際にキッチンをお売りすることはできません。実際のキッチンは設置する工務店さんからお買い求めいただくのですが、現実問題としてマンション住まいしている都内在住の方は、そうそう工務店さんとお付き合いがあるわけではありません。そういった場合はお近くのタカラスタンダードのパートナーショップとして加盟している工務店さんをご紹介することも可能です

こちらの商品を取り扱っている工務店さんは、全国にどのくらいいますか?

どこの工務店さんでもお取り扱い可能です。ただ、タカラスタンダードの商品の施工は特殊な作業が必要なため、タカラスタンダードの方から職人を伺わせていただく「メーカー施工」が殆どなのです。
もちろん弊社製品の施工が技術的に可能な工務店さんもいます。しかし実際に施工の現場で技術を奮うスタッフは弊社職人であるケースが多いので、基本的にはどの工務店さんでもお取り扱いOKということになります

ショールームに来て具体的にこれで決めたいとなった場合、以降の流れはどのようなものになりますか?

ショールームでは商取引はおこないませんので、ここでは商品選びとレイアウト、プランニングのお手伝いをいたします。それをもとに工務店・リフォーム店さんとお話を進めていただくことになります。
商品代金も、工務店側にお支払いいただき、設置することになります。
つまり、ここでは金銭のやり取りが一切なく、私共が行うトークもセールストークではなく商品解説なのです

リアル取説というわけですね(笑)

おっしゃる通りです(笑)なので、気軽にお越しいただきたいのです。キッチンリフォームに興味がある方はもちろんですが、この記事を読んで、たまたま新宿に来たから暇つぶしに、といった方でも全然OKです

少しでもリフォームに興味があれば、まずは来て!ということですね。
ショールームに来てから設置までの流れで、「ここは肝心だからこだわってほしい」というポイントがあれば教えてください。

商品も、工事も、金額も全てそうですが、一つでもわからない部分や疑問に感じたことがあった場合、その部分を解決してから話を進めていかないと、「イメージと違う」「話が違う」といった問題が生じる懸念があります。

特に工事する職人さんは専門的な用語を使う場合もあるので、わからない場合は「ごめんなさい、それどういう意味ですか?」と尋ねたほうがよいです
職人さんも優しい方が多いので、ちゃんと説明してくれると思いますよ。

8:タカラスタンダードのキッチンはずっとキレイが続く!

本日のまとめに、タカラスタンダードでキッチンリフォームをする価値をお客様にアピールしていただけますか?また、ショールームで是非見て欲しい点を挙げていただけますか?

見てほしいという点で言うと、水回りに最適なホーローを活かした「家事らく」キッチンですね。「新品で買った最初だけは使い勝手がいい、お手入れがラク」というキッチンは世の中多いですが、タカラスタンダードのキッチンは20年後30年後もらくらくお手入れで、ずっとキレイが保てます。
そのため「早くリフォームしておけばよかった」とのお声が多いのです。
ショールームには収納、キッチンワークに関して知識豊富なアドバイザーが常時待機してますので、是非全国170箇所あるお近くのショールームにお立ち寄り、というより遊びに来てください!

本日は取材にご協力いただきありがとうございます。タカラスタンダードのホーロー家事らくキッチン、大変興味深いですね。この記事を読んでいただきリフォーム熱がヒートアップしてくれれば幸いです。タカラスタンダードのショールーム、要チェックです!是非一度足を運んでみてください!