階段のリフォームで失敗しない!費用相場や押さえておくべきポイント

階段のリフォームを上手に行うためには、リフォーム内容ごとの費用相場を知っておくことが大切です。代表的なリフォーム内容の相場は、次の通りです。

・見た目をキレイにする上貼り:15万円程度
・手すりや照明での簡易バリアフリー化:1~8万円
・段差変更もできる階段の架け替え:60~100万円
・大がかりな工事になる階段の位置変更:150~300万円

また、リフォーム時にはいくつかポイントもあり、これも知っておかなければなりません。費用相場とポイントを把握して、階段のリフォームの成功を目指しましょう。

POINT

  • 階段のリフォームの費用は、簡易バリアフリー化で8万円以内、階段の位置変更だと300万円かかることもある
  • 階段のリフォームを節約するためには一度に複数個所の工事をして、条件が合えば補助金制度を利用するとよい
  • 階段には安全基準が設定されており、大規模リフォームの際は建築確認申請の提出が必要

目次

1. 階段のリフォームにかかる費用相場

まずは、階段をリフォームする場合の費用相場を把握しておきましょう。リフォームの内容によって、費用は大きく変動します。

リフォーム内容費用相場
見た目をキレイにする上貼り15万円程度
手すりや照明での簡易バリアフリー化~8万円程度
階段下に収納を設置5~30万円程度
段差変更もできる階段の架け替え60~100万円
大がかりな工事になる階段の位置変更150~300万円

詳細な内容次第で、同じ工事でも費用は変わりますが、基本的に大規模な工事ほどコストが上がると考えましょう。

見た目をキレイにする上貼り:15万円程度

階段の見た目をきれいにするだけなら、上貼りという方法があります。上貼りは、既存の階段に化粧材を貼り付けることで、表面の傷や汚れなどを目立たなくさせます。デザインの変更や劣化部分の簡単な補修程度なら、上貼りでも対応可能で、費用相場は14段で15万円程度と比較的安価です。

ただし、階段がらせん状だったり、カーブがあったりする場合は、費用が上がることもあるため注意しなければなりません。また、上貼りに伴い階段周辺の壁紙も張り替える場合は、別途クロスの張り替えの費用も発生します。

手すりや照明での簡易バリアフリー化:~8万円程度

簡易的なバリアフリーリフォームなら、手すりの取りつけやフットライトなどの照明の設置がおすすめです。手すりは4~8万円程度、フットライトは5千円~1万円程度が費用の相場です。

階段の広さや形状、設置する手すりやライトの個数や、グレードによっても費用は変わりますが、全体の相場は1万~8万円程度と考えるとよいでしょう。

つかみやすく強度の高い手すりを取りつけたり、足元を明るく照らせるフットライトを設置したりすることで、安全性は向上するため、バリアフリー化を目指したい場合におすすめです。

階段下に収納を設置:5~30万円

階段下は収納スペースとして利用できます。階段下を収納として利用するためのリフォームは、おおよそ5万円から30万円かかります。階段下を収納スペースとして利用するには、そのスペースに設備などがある場合には、それを移動させたり、撤去したりする費用がかかります。

また、収納のための棚や建具を設置する場合にはその費用もかかります。階段下のスペースは、まるごと納戸として利用することもできますし、ステップごとに扉や引き出しをつけることもできます。また、小さな小部屋のようにして書斎として利用することもできます。

段差変更もできる階段の架け替え:60~100万円

階段をまったく新しいものにする架け替えは、60~100万円程度と費用がやや高額です。架け替えは、基本的に同じ位置でのリフォームで、位置変更の費用相場とは異なることは把握しておきましょう。

架け替える階段の形状や、デザインなどによっても費用は変わりますが、一から作り替えることで段差変更もできる点は、大きな魅力でしょう。

また、架け替え工事の際は、リフォーム終了まで上階に上がれなくなります。そのため、上階での用事は事前に済ませておき、下の階で一時的に生活できるように、準備を整えておかなければなりません。

大がかりな工事になる階段の位置変更:150~300万円

階段リフォームで、もっとも大がかりな工事になるのは位置変更です。階段の位置を変更する場合は、150~300万円程度と費用は高額で、家全体の間取りの変更も考えなければなりません。さらに、その他の部分のリフォームも必要になるため、基本的に位置変更のみで行うことは難しいでしょう。

階段の位置を変えたいなら、間取りの変更を含めた家全体のリフォームも検討しておく必要があります。階段以外にも、大幅な工事が必要になることは多いです。そのため、費用はさらに高額になり、相場以上のコストがかかりやすいことは理解しておきましょう。

2. 【予算別】階段のリフォームでできること

階段のリフォームにかかる費用を詳しく理解するためには、予算別に何ができるのかを知っておくことをおすすめします。

予算リフォーム内容
5万円・手摺の設置(直階段)
・すべり止めの設置
・足元灯の取り付け
10万円・手摺の設置(直階段以外)
・天井、壁ビニールクロスの貼り換え
・カーペットの貼り換え
10~20万円・床材の重ね張り(カバー工法)
30~50万円・床材の変更/交換
・階段下収納の新設
50~100万円・階段の架け替え
・階段昇降機の設置(直階段の場合)

最低50,000円程度から、100万円、あるいはそれ以上と費用のばらつきは大きいため、予算ごとのリフォーム内容の違いをチェックしておきましょう。

3. 階段のリフォームで費用を抑える3つのポイント

数万円から数十万円程度と、比較的低予算でも行える階段のリフォームですが、工事内容次第では100万円以上かかることも少なくありません。費用負担が大きくなってしまうケースもあるため、リフォームをするならコスト削減の方法を考えることが大切です。

  • 1.見積もりの依頼を複数社に出して比較する
  • 1.複数の箇所のリフォームを一緒に行う
  • 1.介護保険や自治体の補助金制度を申請する

これら3つのポイントを参考にして、リフォームの費用を上手に節約しましょう。

見積もりの依頼を複数社に出して比較する

費用を少しでも安くしたいなら、リフォームの見積もりは複数社に依頼して、それぞれの内容を比較することをおすすめします。同じ工事でも、業者によって金額の差が出ることは多く、最初に見積もりを依頼した1社だけで決めてしまうと、適正価格でリフォームができない可能性があります。

なぜなら、業者ごとに工事費の設定金額や部材の仕入れ値などが異なるためで、最低3社を目安に比較することがおすすめです。依頼先の選定に迷ったら、一括見積もりサイトを利用して、それぞれの見積もり内容を比較するとよいでしょう。

リフォームのナコウドでは、リフォーム内容に合った業者を、リフォームの専門知識を持った相談員が紹介しています。業者選定のサポートを行っているので、依頼先に迷ったときには利用を検討してみてください。

複数の箇所のリフォームを一緒に行う

リフォーム箇所が少ないほど、1回に支払う金額は少ないですが、複数箇所まとめて依頼したほうが、結果的にコスト削減につながることもあります。複数箇所をまとめて同じ業者に依頼すると、通常よりも安い金額で請け負ってくれることも少なくありません。

例えば、リフォームをして階段がきれいになると、クロスの汚れや古さが目立つことはよくあります。また、手すりは安全に昇り降りするためにも、付けておいたほうがよいといえます。階段をリフォームする際は、階段のクロスや玄関のクロス、手すりの取り付けなどを同時に行い、内装の建材メーカーをそろえることで、割引されることもあります。

また、作業効率がよくなるため工事も短期間で済ませやすくなり、時間がかからない点もコストが削減できるポイントです。リフォームを依頼すると、工事費や部材費のほか、出張費や業者の車を停めておく駐車場代など、諸経費がかかることも少なくありません。そのため、費用を節約するなら、階段以外にもリフォームが必要な箇所はないか確認しておくとよいでしょう。

介護保険や自治体の補助金制度を申請する

リフォームの内容次第では、補助金制度が活用できることもあるため、利用できるものは積極的に利用することをおすすめします。階段のリフォームなら、バリアフリーリフォームや介護保険などの補助金制度が活用しやすいでしょう。

補助金制度工事内容>条件補助金の限度額や控除額
介護保険・手すりの取りつけ
・段差の解消
・滑りの防止や移動円滑化ができる床材・通路面の材料の変更
・扉を引き戸へ取り替え
・要支援1~2、要介護1~5と自治体から認定された人が居住する住宅であること
・バリアフリーリフォームすること
・20万円
・要介護度が3以上になったり、被保険者、つまり介護保険を受けている人が引越した場合は、さらに20万円
バリアフリーリフォーム・通路等の拡幅
・階段の勾配の緩和
・浴室改良
・便所改良
・手すりの取りつけ
・段差の解消
・出入口の戸の改良
・滑りにくい床材料への取り替え (所得税投資型の場合)
・バリアフリー改修工事であること
・バリアフリー改修の工事費用から補助金を控除した額が50万円超であること
・併用住宅の場合、居住部分の工事費が工事全体の費用の2分の1以上であること
・50歳以上の者、要介護または要支援の認定を受けている者またはその親、障がい者またはその親、65歳以上の親族のいずれかが居住する住宅であること
・併用住宅の場合、床面積の2分の1以上が居住用であること
・工事完了後6カ月以内に入居すること
・工事後の床面積が50m?以上であること
?・所得税(投資型):20万円控除
・所得税(ローン型):最大62万5,000円控除
・固定資産税:3分の1に減税

また、補助金だけでなく所得税の控除や、固定資産税の減税などの制度もあるため、利用することで費用は節約できます。なかでも、バリアフリーリフォームの減税制度は、控除の対象によって詳細な条件が異なるため、事前にリフォーム業者に確認しておく必要があります。

さらに、これらの制度以外にも補助金制度は多数あり、省エネ化や耐震性の向上など、別の箇所のリフォームで適用できるなら、これらも活用するとよいでしょう。自治体ごとに独自に実施している制度もあるため、利用できるものがないか念入りに情報収集をして、工事前に申請して利用することが大切です。

4. 階段リフォームの3つの施工事例

実際に、どのような内容でリフォームができるのかを知るためには、施工事例を参考にすることがおすすめです。

  • 【事例1】勾配を緩やかにした間取り変更のリフォーム
  • 【事例2】踏み込みをつけたスケルトン階段からのリフォーム
  • 【事例3】傷んだ階段に高級感を出す

階段のリフォームにもさまざまな選択肢があるため、施工事例から自宅でのリフォームのイメージを膨らませておきましょう。

【事例1】勾配を緩やかにした間取り変更のリフォーム

直線で急勾配だった階段をL字にリフォームすることで、勾配の緩やかな上り下りのしやすいものにリフォームしています。L字の階段はスペースを取りやすいですが、階段下を収納スペースにすることで、空間を有効活用できています。間取りを変更しながらも費用は約39万円と安く、費用対効果の高いリフォームといえるでしょう。

【事例2】踏み込みをつけたスケルトン階段からのリフォーム

もともと踏み込みがなかったスケルトン階段に踏み込みをつけ、より安全に上り下りできるようにリフォームしています。また、段差を低くして手すりを設置することで、高齢者や子どもでも安全に移動できるようになりました。リフォーム費用は30万円で、比較的安価で安全性を向上させられています。

【事例3】傷んだ階段に高級感を出す

上貼りのリフォームでは、木製の素材を使用することで、高級感のある仕上がりになっています。費用は28万円と上貼りとしてはやや高めです。ただし、素材にこだわったため、階段を作り替えたかのように美しく仕上げられました。

5. 【目的別】階段リフォームの床材の選び方

階段の上貼りや張り替えなどを行う際には、床材を選択しなければなりません。床材によって性質は異なり、それぞれに違った強みがあります。床材ごとの特徴の違いを知り、目的に合った材質を正しく選べるようになりましょう。

複合シートフロア:耐久性重視

耐久性を重視したいなら、複合シートフロアがおすすめです。合板に特殊なシートを貼り付けている点が、複合シートフロアの特徴です。シートは衝撃に強く、無垢材よりも耐久性は高いでしょう。また、中には水や熱などに強いシートを貼ったものもあるため、設置する場所に応じて使い分けができる点も魅力です。

コルクタイル:衝撃吸収・吸音性重視

衝撃を吸収し、静かに階段の上り下りができるようにしたいなら、コルクタイルがおすすめです。コルクタイルは構造上衝撃の吸収性が高いため、音も発生しづらく、静かに上り下りができます。これは、細かい気泡が多数含まれているコルクタイルの性質によるもので、弾力が強いため、衝撃の吸収性や吸音性も高いです。

クッションフロア:価格重視

より安くリフォームを行いたいなら、シンプルなクッションフロアがおすすめです。クッションフロアは床材自体が安いことに加えて、扱いやすい素材であるため、工事に手間もかかりません。

余計な手間がかからないことで追加料金などの心配はなく、より安くリフォームを仕上げてもらいやすいでしょう。安価だからといって性能が劣るわけではなく、衝撃吸収性が高いものや、滑りにくくてバリアフリー化に適したものなど、種類はさまざまです。

カーペット:滑りにくさ / 安全重視

安全性を重視したいなら、滑りにくいカーペットがおすすめです。カーペットは、貼り付けて固定することで安定性が高くなり、表面の起毛がグリップとなって滑りにくくもなります。

また、衝撃の吸収性が高いため、万が一階段に打ち付けたとしても衝撃を和らげられます。衝撃が吸収されることで吸音性も高く、静かに上り下りしやすい点も特徴のひとつです。

6. 階段のリフォームで事前に知っておくべき6つのこと

階段リフォームをスムーズに行うためには、事前に次の6つの基礎知識を身につけておくことが大切です。

  • 1.安全のための基準が設定されている
  • 1.階段の種類と特徴
  • 2.高齢者や子供がいる場合は安全対策を行う
  • 3.階段一段の高さは18~20cmがおすすめ
  • 4.事前に現在の階段で危険と感じる部分を書き出しておく
  • 5.リフォームの規模によっては建築確認申請を提出する

基礎知識について理解を深めることで、リフォームのプラン立てや依頼際の手続きなどが、スムーズに進めやすくなります。

安全のための基準が設定されている

階段は、安全に使用するための基準が設定されており、リフォームはこの範囲内で行わなければなりません。

箇所基準
階段の横幅75cm以上
蹴上げ(階段1段の高さ)23cm以下
踏み面(足を乗せる部分の奥行)15cm以下

これらは建築基準法で定められているため、必ず守る必要があります。詳細については、リフォーム業者と相談しながら決めることがおすすめですが、安全面には細心の注意を払うようにしましょう。また、手すりの設置義務などもあるため、細かい決まりも業者に確認してから、リフォーム内容を決めることが大切です。

階段の種類と特徴

ひとくちに階段といっても種類は複数あり、それぞれで特徴が異なります。

種類特徴こんな人におすすめ
直階段・まっすぐで折り返しがない
・省スペースで費用も安い
・急勾配になりやすいため注意が必要
小面積の家の方におすすめ
折り返し階段・階段の途中でU字に曲がっている
・踊り場があるため安全性が高い
・広い面積が必要でコストアップしやすい
階段下を有効活用したい人におすすめ
かね折り階段・階段の途中でL字に曲がっている
・踊り場があるため安全性が高い
・広い面積が必要でコストアップしやすい
ゆとりがある空間を演出したい人におすすめ
らせん階段・階段がらせん状になっている
・複雑な形状のため費用が高い
・階段の中心に近づくほど踏み面が狭くなりやすい
デザイン性が高いお洒落な空間を求める人におすすめ
カーブ階段・曲線デザインでカーブを描いている
・路面が広いので安全性に優れている
・階段の中で一番コストがかかりやすい
デザイン性と安全面の両方求める人におすすめ

もっともスタンダードで、多くの住宅で採用されているのは直階段です。折り返しやかね折り、らせん階段なども増えていますが、広いスペースが必要になるため、自宅の環境によっては導入が難しいこともあります。

安全性を考慮するなら、踊り場があって下までの転落を防げる「折り返し」や「かね折り」の階段がおすすめで、デザイン性を重視したいなら、「らせん階段」の導入を検討してもよいでしょう。

高齢者や子供がいる場合は安全対策を行う

階段は、ケガや事故が多い部分でもあるため、高齢者や子供がいる場合は安全対策を必ず行いましょう。例えば、足元が見やすいようにフットライトを設置したり、階段の隙間が広い場合は、間に転落防止のネットを張ったりすることがおすすめです。

デザイン性が高いものほど、階段の隙間が広いものが多いため、小さな子供がいる家庭では、転落防止ネットを張っておくと安心でしょう。ほかにも手すりをつけたり、滑り止めを設置したりと、安全面で配慮すべきポイントは多岐にわたります。

階段一段の高さは18~20cmがおすすめ

建築基準法では、階段1段の高さは23cm以下と決められていますが、23cmは上限であり、この高さがベストというわけではありません。実際には、18~20cm程度が使いやすいため、リフォームの際には蹴上げの高さも意識しておきましょう。

高齢者や子供は蹴上げは低いほうがよく、16cm以下が使いやすいといわれています。しかし、この高さにすると、普通の人が上り下りしづらくなるため、全員のバランスを取るためには18~20cm程度がおすすめです。

事前に現在の階段で危険と感じる部分を書き出しておく

リフォームをするならデザイン性を一新するだけではなく、安全性の向上も目指すことが大切です。特に階段は、家の中でも危険度が高い部分でもあります。そのため、安全性を向上させるためにも、リフォーム前には現状の問題点や危険に感じる部分を書き出しておきましょう。

問題点を明確にすることで、どのようなリフォームを行うべきかが判断できます。また、業者に相談する際にも、問題点や危険な部分などは把握できているほうがよいため、一度紙に書き出して、現状で抱えているトラブルを視覚化しておきましょう。

リフォームの規模によっては建築確認申請を提出する

大規模なリフォームになる場合は、工事前に建築確認申請を提出しなければなりません。しかし、壁や天井を壊すなど、よほどの工事でなければ基本的には提出は不要です。上貼りや手すり、照明の設置など、簡易的な工事の場合は、提出は不要と考えてよいでしょう。

ただし、階段の架け替えや位置変更の際には、提出が必要になることもあるため、事前にリフォーム業者に相談することが大切です。

7. 階段のリフォームは計画的に行おう

階段のリフォームには、少なくない費用がかかることも多いため、コストについては事前に理解して、資金を集めておくことが大切です。また、階段の架け替えなど、大掛かりなリフォームでは、工事中に上階への移動ができないため、注意しなければなりません。

必要な荷物はあらかじめ移動させておくなど、工事中に上階を使わずに済むように、考慮する必要があります。リフォーム内容に合わせた準備を行い、階段を安全かつ快適に使えるようにしましょう。