予算300万円でできるマンションのフルリフォームとは?

古くなったマンションを初めてリフォームする場合、どれくらい金額がかかるか不安な方もいるでしょう。しかし、やり方次第で300万円以内に抑えることは可能です。ここではマンションのフルリフォームを300万円以内に抑えるコツを紹介します。

POINT

  • マンションのリフォーム費用は、水回りのリフォームで140~490万円、リビングの間取り変更で9,500~69万円が相場
  • 予算300万円以内でフルリフォームを行うには、低~中グレードでそろえる必要がある
  • 300万円以内に抑えるコツは、一括見積もりサービスを使って地元の工務店から複数の見積もりを取ること

目次

1. 300万円のマンションフルリフォームで行えること

やり方次第では、予算300万円の範囲内で水回り設備の交換やフローリングの張り替え、さらに壁紙の張り替えまで行うことができます。

水回りに関しては「キッチン」「お風呂」「トイレ」「洗面台」の4点があげられますが、それぞれ低グレードの設備機器を選択すれば150万円程度で揃えることができます。

フローリングの張り替えは既存の床を解体せずに、低~中グレードの床材を上から貼れば予算を抑えることが可能です。また壁紙の張替えも、オーダーメイドではなく量産品を利用して行えば予算を低くすることが可能です。

設備や素材のグレードにこだわらなければ、300万円の予算でマンションフルリフォームすることも十分可能と言えます。

2. マンションリフォームをする前に知っておくべき事実

マンションのリフォームを300万円の予算内で行う場合、事前に押さえておくべき点がいくつかあります。意外と知られていないポイントもいくつかあるため、リフォーム前に押さえておくことが大切になります。

スケルトンリフォームは300万円ではできない

古くなった内装を全て解体して一からリフォームする「スケルトンリフォーム」は、自分の理想の内装を実現しやすいと言えるでしょう。配管なども新しく入れ替えるため、古いマンションであればスケルトンリフォームはおすすめの方法です。

しかし、スケルトンリフォームはリフォーム費用の相場は600万円以上となります。マンションの広さや元の構造によってはさらに高額になる場合があり、予算300万円ではフルリフォームすることはできないでしょう。

トイレの位置は大きく動かせない

トイレには、汚水を排水するPS(パイプスペース)と呼ばれる配管スペースがあり、こちらは構造上動かすことができません。したがってマンションリフォームをする際、トイレの位置自体を大きく動かすことはできないので注意しましょう。

間取りの変更は構造上難しいこともある

マンションのリフォームをするときに、間取りを変更したい場合もあるでしょう。間取りが変更できるかどうかは、構造によります。マンションの構造には「壁式構造」と「ラーメン構造」の2種類があります。

壁式構造は、コンクリート壁を造ることで建物を支える構造で、ラーメン構造は、柱と梁で建物を支える構造です。最近のマンションではラーメン構造も多くなっていますが、低層マンションでは壁式構造が多くあります。この場合は、間取りを大きく変更するのは難しいです。

3. 【箇所別】マンションリフォームの費用相場

ここでは、マンションリフォームの費用の相場について、「水回りのリフォーム」「壁紙やクロスの張替え」「リビングの間取り変更」の箇所ごとにそれぞれ紹介します。

箇所費用相場
水回りのリフォーム数十万~500万円
壁紙やクロスの張替え数万円~200万円
リビングの間取り変更10万円~70万円

水回りのリフォーム費用の相場

マンションの水回りには、キッチンやお風呂、トイレや洗面所など複数の箇所があり、リフォームにかかる費用もそれぞれ異なります。配管移動などの大がかりな工事がなければ予算内に抑えることも可能です。

また、キッチンはIHヒーターなど最新の機器を導入すると高額になる可能性があるため注意が必要になります。水回りのおおよその費用相場は以下の通りです。

箇所費用相場
キッチン60~300万円
お風呂60~150万円
トイレ・洗面所20~40万円

壁紙やクロスの張替え費用の相場

壁紙やクロスの張替えに関しては、使用する素材とリフォームする面積によってかかる金額が異なります。壁紙やクロスの張替えを予算内に抑えるためには、使用する素材を量産品にするなど工夫することが必要です。

壁紙やクロスの張替えは基本的に1平米ごとに料金が設定されています。費用相場は以下の通りです。

箇所費用相場
クロス張り替え0.15万円~0.25万円
フローリング張り替え1.5~2万円/平米

素材や張替えの程度にもよりますが、一般的な4LDKのマンションなら壁紙やクロスの全面改修で200万円以内に収まることが多いでしょう。

リビングの間取り変更の費用相場

マンションをフルリフォームする場合、壁紙やクロスだけでなくリビング自体を大きくリフォームすることも可能です。好みに合わせて和室を洋室に変更したり、家族の人数に応じて壁を撤去して広々と利用することもできます。

費用相場はリフォーム内容によって幅があります。すでにある建具を利用してリフォームする場合であれば150万円前後、壁一面ににシステム収納を設置する場合は1,000万円前後、リビングダイニング自体を新たに設置する場合は1,500万円前後となっています。

4. 300万以内のマンションフルリフォームの事例

300万円の予算でマンションをフルリフォームすることは可能ですが、実際にどのようなリフォームされるのか気になるところです。ここでは、300万円でリフォームした具体的な事例を紹介します。

【事例1】北欧風のリビングダイニングに変更

リビングと書斎の間の壁をガラスに変更して天井を板張りにすることによって、北欧風のリビングダイニングにリフォームしています。

自然な風合いがある落ち着いた空間を演出できており、ガラスの仕切りによって、間取りや生活の動線も変更できています。費用は290万円です。予算が300万円以内でも部屋の雰囲気をガラリと変更できることがわかるでしょう。

【事例2】3DKを広いワンルームに変更

もともと3DKの間取りだった部屋の壁を撤去することによって、広いワンルームに変更しています。玄関と独立キッチンにあった壁を撤去することで、より開放的な空間を実現することができました。また、床は塩ビシートに変更していますが、壁はセルフペイントでリフォームしている点もポイントです。

全て業者に依頼するのではなく、一部DIYでのリフォームに切り替えることにより、予算の範囲内に収めることが可能です。こちらにかかった費用は300万円です。予算ぴったりでのリフォームに成功しています。

【事例3】既存のキッチンを生かして広いLDKに変更

和室のふすまを撤去して全面改装し、床材も畳からフローリングに張り替えて洋室に変更しています。既存のキッチンは従来の設備を活かしたセミリフォームを行い、蛇口の変更など部分的なリフォームに限定して予算を抑えることに成功しています。

全面的な改修であるにも関わらず、従来の設備を残しつつをセミリフォームとすることにより、費用は300万円ぴったりに抑えられました。

【事例4】キッチン上部の間口を広げてデザインを変更

キッチンの上部の間口を広げることにより、デザイン性を高めながら開放的な空間を実現できました。下がり壁は新調して、動かせないパーツを新しい下がり壁でつなげているところがポイントです。

動かせない部分も活用することで、リフォームの自由度は大幅に高くなります。その結果キッチンの印象も以前より明るくすることができました。こちらのリフォームにかかった費用は全体で300万円です。

【事例5】間取りの変更と仕上げ材のリフォーム

もともとリフォーム済みだった物件を購入しているため、細部の気になる箇所をリフォームし直すだけで理想通りの内装に仕上げることができました。時間をかけて物件を選んだ結果、リフォーム費用は240万円と安く抑えることが可能となった事例です。

洋室は、間取りを変更して隣室とつなげたことで、広々とした空間を確保できました。収納スペースも十分確保しています。床材には無垢のバーチ材を使用し、部屋全体が明るく柔らかな印象を演出しています。

5. マンションのフルリフォームを300万円以内に抑える6つのコツ

高額になりがちなフルリフォームですが、工夫次第でリフォーム代金を300万円以内に抑えることは十分可能なことがわかりました。ここからは、マンションのフルリフォームを300万円以内に抑えるコツは以下の6つです。

  • 1.複数の業者から見積もりをとる
  • 1.地元の工務店に依頼する
  • 1.部分リフォームに切り替える
  • 1.ブランドやメーカーにはこだわらずにグレードを下げる
  • 1.作業時間の長い工事は避ける
  • 1.補助金や減税制度を利用する

ここからは、上記6つのポイントについてそれぞれ具体的に解説します。

複数の業者から見積もりをとる

リフォーム内容が同じでも、業者によって費用が異なることは多いため、コストを削減したいなら、複数業者から見積もりを取ることが大切です。業者ごとに工事費の設定金額が違うだけでなく、部材の仕入れ値が異なることもあります。

複数比較すると、より安く仕上げてもらえる業者を見つけられるため、最低3社程度を目安に見積もりを取っておくとよいでしょう。複数社で比較するなら、一括見積もりサイトの利用がおすすめです。

どこの専門業者に依頼すればいいか分からない方は、一括見積サイト「リフォームのナコウド」にお任せください。専門知識のある相談員が、ご要望や状況に応じて目的に合った専門業者を紹介し、専門業者選びがスムーズに進むようにサポートします。

地元の工務店に依頼する

フルリフォームの費用は依頼先の業者によって異なります。300万円以内の低予算に抑えるのであれば、地元の工務店がおすすめです。大手のハウスメーカーやリフォーム業者に工事を依頼しても、実際にリフォームをするのは下請けの業者である場合が大半です。

下請けに出す場合は仲介手数料が発生し、その分費用が上乗せされてしまい高額になる傾向があります。しかし地元の工務店なら、下請けなしで直接工事をしてもらえるため、仲介手数料なしで済ませることが可能です。その分の費用を浮かすことができるため予算内に抑えることができるのです。

ただし工務店によっては、リフォームのノウハウが蓄積されていないこともあるため、依頼先は慎重に選定しなければなりません。口コミの情報や業者のホームページなどから確認して、リフォームの実績があるか確認しておくことが大切です。

業者の得意分野は、細部にわかれていることも多いため、実績などからマンションのフルリフォームに強そうかどうかを判断して、依頼先を決めましょう。

部分リフォームに切り替える

マンションのフルリフォームは、どうしても費用が高額になってしまう傾向があります。リフォーム代金を300万円以内に収めるためには、フルリフォームではなく部分的なリフォームに切り替えることも検討しましょう。リフォームは一度に行う箇所が増えると、当然費用が高くなるのです。

水回りや壁紙や床の張り替え、リビングの間取りの変更までリフォームすると300万円を超えることも少なくありません。予算の範囲内でリフォームするのであれば、まずはどこからリフォームすべきかを考え、優先度の高い場所に限定して行うことが大切です。

業者によっては複数箇所同時にリフォームをすることにより、セット価格など割引が適用されることもあります。そのため、1箇所だけ行うよりは2~3箇所程度はまとめて行ったほうが結果的に費用は安くなり、予算内でリフォームできる可能性は高くなるでしょう。

ブランドやメーカーにはこだわらずグレードを下げる

同じ箇所のリフォームでも、使用する部材のブランドやメーカー、グレード次第で費用は大きく変動します。300万円の予算内に収めるのであれば、ブランドやメーカーなどにこだわらず、コストパフォーマンスを重視して選ぶことも大切です。

確かに有名なブランドやメーカーのものなら、多機能なものが多く安心感もあります。しかし、その分費用は高くなってしまうため、コスト削減を重視するならグレードを少し下げることが重要です。さらにオーダーメイドは既製品に比べて大幅に高くなる傾向があるため、避けることをおすすめします。

ノーブランドでも機能的なものは多く、知名度の高いブランドやメーカーのものと、性能で見ると遜色ないものも少なくありません。また、導入する設備にどこまでの機能を求めるかも重要で、不要な追加機能が出ないように選ぶことも一つです。

付加機能がまったくないものを選んでしまうと、その後の生活でストレスになることもあるため気をつけましょう。最低限必要な機能をリストアップし、条件を満たすものを選ぶことによりストレスを感じることなく満足感を得られやすいと言えます。

作業時間の長い工事は避ける

リフォーム業者に正式に依頼する前に、作業時間がどのくらいかかるのか確認することをおすすめします。一般的作業時間の長い工事は工事費用がかさむ傾向があるため注意が必要です。打ち合わせをしっかり行い、可能であれば作業時間の長い工事はできるだけ避けるように心がけましょう。

補助金や減税制度を利用する

リフォームをする場合、補助金や減税制度を利用することも検討しましょう。補助金制度には、バリアフリー、耐震、省エネに対応するものもあります。

具体的な制度は自治体によって異なるため、お住まいの地域で調べてみましょう。減税制度の中で対象範囲が広く、減税額の大きい所得税の減税をまず調べてみることをおすすめします。

具体的には以下の表を参考にしてください。

リフォームの内容 所得税の減税額
投資型減税 ローン型減税 住宅ローン減税
耐震 最大25万円 10年間で最大400万円
省エネ・断熱対策など 最大25万円 5年間で最大62.5万円
バリアフリー・手すりの設置など 最大20万円 5年間で最大62.5万円

6. 300万円でマンションをフルリフォームする際の3つの注意点

ここからは、300万円でマンションをフルリフォームする際の注意点を3つ紹介します。

  • 1.ローンを組む場合は先に業者を見つけておく
  • 2.管理会社への届け出や事前連絡が必要
  • 3.リフォームの優先順位を決めておく

上記の注意点をふまえてフルリフォームの準備をしてください。

ローンを組む場合は先に業者を見つけておく

リフォームの費用を、ローンによって捻出しようと考えているなら、どの業者とローン契約を結ぶかは事前に決めておかなければなりません。支払いが必要になったタイミングで、焦って業者を探すと金利が高い業者しか選択できず、将来的な支払いの金額が多くなってしまうことも多いです。

リフォームでも住宅ローンは適用できるため、費用負担を抑えたいなら、金利が低い住宅ローンの利用がおすすめです。ただし、住宅ローンは審査が厳しく、時間もかかりやすいため、申請は余裕を持って行わなければなりません。

審査の際には、リフォーム費用の見積もりが必要であるため、これが出た時点で業者に相談しておくとよいでしょう。民間のリフォームローンならすぐに審査が下りることも多いですが、住宅ローンと比較すると金利に差が出やすいため、注意しなければなりません。

管理会社への届け出や事前連絡が必要

マンションの場合は、フルリフォームか部分的なリフォームかに限らず、事前に管理会社に届け出を出して、許可を得なければなりません。リフォーム可能な範囲は、マンションの管理規約によって異なるため、事前に確認しておいて、違反しない範囲で行いましょう。

管理会社や大家など、管理者の許可を得ずに行ってしまうと、あとから元に戻すように指示され、トラブルになることも少なくありません。そうなると、リフォームの費用も元に戻す際の費用も、両方とも自己負担になり、余計な費用が発生してしまいます。

また、マンションによってはリフォーム業者を指定されることもあるため、業者指定の有無も最初に確認しておきましょう。自己判断で勝手にリフォームをすると、トラブルに発展することも多いため注意しなければなりません。

リフォームの優先順位を決めておく

フルリフォームをする際には、フルリフォームする目的や、それにより欲しい暮らしはなにかをできるだけ具体的に明確にすることが重要です。優先順位を決めることにより、理想に近いリフォームに近くことができるでしょう。本や雑誌、ネットなどを駆使してリフォームに関する知識や情報を入れておくことをおすすめします。

7. リフォーム時の優良業者の見極め方

リフォーム業者には大手から個人業者までざまざまな規模の業者があります。これから初めてマンションをリフォームする場合、どのリフォーム業者に依頼すればいいのか素人には判別しにくいと言えます

リフォーム業者の中にはリフォームに関する知識が乏しい会社や相場よりも高い金額の見積もりをする業者もあるため気をつけて選ぶことが重要です。

実際にリフォーム会社を選ぶ際は、こちら側の要望に耳を傾けつつ様々な提案を行い、要望に沿ったリフォーム内容に導いてくれる業者を選ぶことがポイントです。一方的でなく、専門知識を分かりやすく説明しながら提案してくれる業者は優良業者と言えるでしょう。

8. 限られた予算で理想のフルリフォーム

マンションをフルリフォームする場合でも、工夫次第でリフォーム費用を300万円以内に抑えることは可能です。今回の記事を参考にして、事前にできるだけ具体的なイメージを持ち、計画的にリフォームを進めていくことをおすすめします。