評判の良いリフォーム業者の探し方|業者の選び方やオススメサイトも紹介

リフォームで失敗しないためには、何よりもリフォームの業者選びが重要です。

ですが、いざ業者を探そうと思っても、「どこに頼んだらよいのかわからない」「そもそもどんな業者がいるのか分からない」という方のほうが、今では普通ではないでしょうか。リフォーム会社はたくさんありますが、選ぶ業者によって仕上がりやかかる費用が異なるため、気をつけなければなりません。

この記事では、リフォーム会社の評判を探す方法と、最適な業者の選び方をきっちりガイドしています。評判が良い業者を選ぶために、ぜひこの記事の情報をお役立てください。

POINT

  • リフォーム会社選びに役立つ、リフォーム会社の口コミや評判を調べることができる4つのサイトをご紹介
  • リフォーム会社を選ぶ方法として、一括見積サイトで比較する、ご近所さんの口コミを聞く、ホームセンターでリフォームの相談をする方法などがある
  • リフォーム会社もそれぞれに特徴やメリット・デメリットが違うため、よく把握して自分に合ったところを選ぶのがおすすめ
お住いの地域のリフォーム相場、
知ってますか?

目次

1. リフォーム業者の種類と特徴を比較

リフォームを依頼できる業者は5種類あり、それぞれメリット・デメリットが異なります。

業者種別メリット・強みデメリット
ハウスメーカー・信用、安心感
・大規模リフォームに強い
・同じ工事でも割高になる傾向
・オリジナリティの高い工事は苦手
リフォーム会社 ・リフォームが本業
・工事内容が得意分野と一致すると強い
・得意分野が合う会社を見つける手間がある
地元の工務店・小規模リフォームに強い
・同じ工事なら割安になる傾向
・大規模リフォームや、設計を伴う工事は苦手
・良し悪しの見極めが大変
ホームセンター・価格が比較的安い
・店頭で実物を見て検討できる
・店頭商品のみに対応
住宅設備メーカー・設置する設備に精通している・自社製品のみに対応
・自社製品とでない部分の施工は請け負わない

リフォーム業者① ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、新築物件の企画・販売を行う会社で、あなたの家の新築時に、建設を請け負った企業が該当します。別名「新築デベロッパー」と呼ばれることもあります。

ハウスメーカーの例:
積水ハウス、大和ハウス工業、ヘーベルハウス、セキスイハイム、ミサワホーム など

ハウスメーカーに依頼するメリット

  • 大企業である信用力、安心感
  • もしものときの保証が充実
  • 家の設計を熟知している

ハウスメーカーにリフォームを依頼するメリットは、なんといっても大企業である信用力・安心感です。工事の途中で倒産してしまう心配も極めて低く、ミスがあったときの保証(補償)もしっかりしているでしょう。

一戸建ての場合、新築の建設を依頼したハウスメーカーと同じ会社に依頼すれば、もともと自社で販売した住宅ですから設計や設備についても熟知しており、安心して工事が受けられるでしょう。

ハウスメーカーに依頼するデメリット

  • 他の業者に依頼するより割高になりがち
  • オリジナリティの高い工事には向かない

ハウスメーカーにリフォームを依頼するデメリットは、費用が割高になる傾向があることです。大きな組織だけあって、維持するための営業費・宣伝費・管理費が高く、その費用がリフォーム価格にのせられています。目安としては、同じ工事を工務店に依頼した場合よりも1.2倍から1.5倍ほど高額になるでしょう。

また、オリジナリティの高い工事を一緒に作っていくよりも、新築用の住宅設備(床・壁・キッチン・お風呂など)の豊富な施工パターンをリフォーム工事でも活用するという考え方をもっているので、細かいところをゼロから決めたい場合に向く業者ではありません。

ハウスメーカーはどんな人にオススメ?

  • 業者の信頼性、工事の安心を重視する人
  • 予算に余裕がある人
  • オリジナリティをあまり求めない人

リフォーム業者② リフォーム会社

リフォーム会社とは、本業としてリフォームやリノベーションを行っている企業のことです。業者としての強みはさまざまで、大工職人の多い会社、設計士の多い会社、家具やインテリアメーカーが作った会社などがあり、その業者の背景や得意分野を調べることが重要です。

リフォーム会社の例:
「◯◯リフォーム」「◯◯建築工房」「◯◯リノベーション」など多様

リフォーム会社に依頼するメリット

  • 好みやこだわりに合う工事を追求できる

リフォーム会社に工事を依頼する最大のメリットは、好みやこだわりがハッキリしている場合、それを得意とする業者を見つけることで、イメージや希望が叶いやすいことでしょう。

例えば、カフェ風のイメージでリフォームしたければ、飲食店のデザインも手掛けている会社を探すのがよいでしょう。業者のウェブサイトにある、コンセプトや施工事例を大いに参考にしながら、ピッタリの業者を探す楽しみがあります。

好み・こだわりの例得意とするリフォーム会社の手がかり
カフェ風、バー風にしたい店舗デザインも手掛ける会社を探す
特定の素材やイメージが好き業者ウェブサイトの施工事例を見る
特定の家具メーカーが好きその家具の代理店を兼ねる会社を探す
間取りを大きく変えたい設計士が多く所属する会社を探す

リフォーム会社に依頼するデメリット

  • 希望に合う業者を見つけるのが大変

業者ごとに個性がバラバラということは、自分の希望に合う会社を探すのが大変であるとも言えます。また、小さな会社の場合は、経営の安定性や保証制度の有無にも注意しましょう。

リフォーム会社はどんな人にオススメ?

  • リフォームにあたって、好みやこだわりを実現したい人
  • 業者を探す手間があまり苦にならない人

リフォーム業者③ 地元の工務店

地元・近隣の工務店とは、あなたのお住まいの地域で新聞折り込み・ポスティング・看板などの広告をしていたり、市区町村名で検索したときにヒットするような施工業者です。

小規模だからといって、工事の質が低いわけではありませんが、良し悪しの見極めが重要になります。

地元の工務店に依頼するメリット

  • 小規模リフォームに強い
  • 他の業者よりも比較的割安

大きなリフォーム会社では、「トイレの交換だけ」「床の張り替えだけ」といった小規模な工事は受けない会社もあります。その点、地元の工務店であれば部分リフォームでも対応可能なはずです。

組織としても小規模な業者なので販管費・固定費も安く、リフォーム費用も他の業者に同じ工事を頼んだ場合よりは割安に済むことが多いでしょう。

地元の工務店に依頼するデメリット

  • 大規模リフォーム、設計を伴うリフォームは苦手
  • 良し悪しの見極めがむずかしい

地元の工務店は小さな組織である場合がほとんどなため、フルリフォームなどの大規模な工事は苦手とする場合が多くあります。また、設計士がいない工務店も珍しくなく、間取り変更や基礎のリフォームなどの依頼先にも向いていません。

また、個人商店に近い企業がおおいだけに、会社の質の良し悪しもばらつきが大きくなります。 個人が工務店の質を見極めるのは難しいでしょう。 なので、過去に工事を頼んだことがある業者がいたり、知人の紹介が受けられる場合などは積極的に利用しましょう。

地元の工務店はどんな人にオススメ?

  • 小規模・部分的なリフォームをしたい
  • リフォーム費用の安さを重要視する
  • 付き合いがあったり、知人の紹介を受けられる業者がすでにいる

リフォーム業者④ ホームセンター

あなたの近所にあるホームセンターでも、リフォームを受け付けている可能性があります。設備購入の際に店員に相談したり、店内に工事請負の掲示や窓口がないかを見回してみましょう。

ホームセンターに依頼するメリット

  • 店頭で実物を見ながら設備を検討できる
  • 価格が比較的安い

ホームセンターを利用するメリットは、まずはお店でキッチンやお風呂の実物を見てから決められることで、使い勝手やサイズ、デザインを理解してから工事に入ることができる点です。

また、ホームセンターにとっては、製品の販売と設置工事を請け負うことで売上を確保することができるので、そのぶんが還元され、工事費がかなりお得に設定されていることも多くあります。

ホームセンターに依頼するデメリット

  • 工事で使えるのは、店頭にある商品のみに限られる

ホームセンターの本業は小売店である以上、扱っている商品の購入があってこその工事受注になります。店頭に気に入った製品がないからといって、用意したものを安い工事費で設置依頼することはできません。

ホームセンターはどんな人にオススメ?

  • 実物を触りたいが、メーカーのショールームが近くにない人
  • そこそこお手頃な値段で、購入・工事依頼ともに近所で完結させたい人

リフォーム業者 ⑤住宅設備メーカー

住宅設備メーカーとは、キッチンやユニットバス、トイレなどの設備を製造販売している会社です。これら設備のメーカーの多くは、自社製品へのリフォーム・部分交換も請け負っています。

住宅設備メーカーのメリット

  • 設置する製品に精通した者による施工が受けられる

自社製品である以上、設置に関してのノウハウは他のどの業者よりも優れています。そのため、「ビルトインコンロのみ」「トイレのみ」などの製品単位の部分リフォームをしたい場合は、住宅設備メーカーが依頼先の有力候補になってきます。

住宅設備メーカーのデメリット

  • 自社製品のみに対応
  • 自社製品と無関係の範囲は工事できない場合も

住宅設備メーカーがリフォーム工事を請け負うのは、自社製品をより多くの人に届けるためです。交換したい設備が他社製の場合はもちろん、自社製品の設置以上の工事も基本的には請け負いません。

まれに、自社設備の交換と同時に、床や壁紙の貼り替えなどの簡単なリフォームも請け負ってくれる業者もありますが、ほぼ対応外です。

住宅設備メーカーがオススメの人は?

  • 使いたいメーカー・製品が決まっている
  • 一部分の交換リフォームを予定している
  • 同じメーカーの設備を2箇所以上同時に設置・交換する

2. リフォーム会社を選ぶ最適な3つの方法

どのリフォーム会社を選んだらいいのかわからない方は、下記の3つの方法を試してみましょう。

すべて評判が良いリフォーム会社を選ぶために最適な方法です。1つずつ詳細を解説するので、自分に合う方法をお試しください。

一括見積もりサイトを利用して比較する

まずは、インターネットなどを使って、リフォーム会社を探しましょう。電車や駅の広告などを見て探すこともできます。

リフォーム会社にもそれぞれ得意分野が異なるので注意が必要です。複数社に見積もりを取ると、それぞれ内容や費用が異なります。

そのため、気になるリフォーム会社を3~5社ほど選んだら、相見積もりを取って検討しましょう。相見積もりで複数の業者に工事にかかる費用を提示してもらい、比較検討して選ぶことが大事です。

お住いの地域のリフォーム相場、
知ってますか?

近所でリフォームしたことある方に紹介してもらう

近所でリフォームしたことがある方がいれば、紹介してもらいましょう。紹介者は、仲の良いお友達や親せきなど、親しい間柄のほうが望ましいです。良いことだけではなく悪い評判も正直に教えてくれる方からの紹介であれば、信頼できます。

インターネットなどの口コミの評判は、必ずしも正しいとは限りません。リフォーム工事で重視しているポイントは、値段、デザイン、担当者の態度、グレードなど、人それぞれです。そのため、「良い」と感じるポイントと自分の評価にズレが生じることもあるでしょう。

近所でリフォームしたことがある方からの紹介であれば、自分が気になることに対する評価がわかります。

ホームセンターでリフォームの相談をする

初めてのリフォームで、依頼する業者の心当たりがないという方もいることでしょう。心当たりがない場合は、近くのホームセンターから当たってみてください。ホームセンターは費用が安いことがメリットです。

リフォームの相談を受け付けているホームセンターはたくさんあります。ただし、すべてのホームセンターが万能に工事できるわけではありません。それぞれ得意分野と不得意分野があるので、店頭やホームページで施工実績をチェックしましょう。

3.【状況別】リフォーム業者選びに役立つサイト4選

リフォーム会社の評判や口コミを調べることができるサイトを4つ紹介します。戸建てのリフォーム、マンションのリフォームと、目的別で評判を調べることも可能です。評判を参考にして、相談したいリフォーム会社がないかチェックしてみましょう。

戸建てのリフォーム業者を探している方

戸建てリフォームランキング

サイト:「オリコン顧客満足度|おすすめの戸建てリフォームランキング

戸建てのリフォームをお考えの方におすすめのサイトです。調査対象企業144社を実際の利用者9,143人に調査した結果を見ることができます。

費用や工程管理、保証、アフターサービス、仕上がり、担当者の対応など、気になる項目を絞って顧客満足度ランキングをチェックすることもできて便利です。その他には、業態別や地域別、男女別で項目を絞ることもできます。

ただし、口コミ回答者数が規定数より集まらなかった地域は、ランキングが公開されないことがあるため注意しましょう。実際に、2018年では、甲信越・北陸地域がランキングの対象から外れています。

マンションのリフォーム業者を探している方

マンションリフォームランキング

サイト:「オリコン顧客満足度|おすすめのマンションリフォームランキング

前述した「オリコン顧客満足度」のマンション版ランキングです。調査対象企業97社を実際の利用者2,597人に調査した結果を見ることができます。

費用や工程管理、保証、アフタサービス、仕上がり、担当者の対応など、気になる項目を絞って顧客満足度ランキングをチェックできる点も同じです。

回答者が規定に満たないとランキングの対象になりませんが、2018年のマンション版では、関東、東海、近畿以外のすべての地域が回答者数が規定数に届きませんでした。そのため、都心部を中心としたランキングになっています。

自分の地域に絞って業者の口コミを探したい方

リフォーム評価ナビ

サイト:「リフォーム評価ナビ

「一般財団法人 住まいづくりナビセンター」が運営する、全国のリフォーム会社を口コミから探すことができるサイトです。公正で中立でリアルな口コミを知ることができます。

2020年10月時点では、登録者数972社です。その中から「キーワード」「エリア」「条件」を指定して、リフォーム業者の口コミ一覧表示を絞ることができます。気になる業者があればチェックし、最大5社までまとめて見積もり依頼ができて便利です。

特定の業者についての本音談義を見たい方

マンションコミュニティ|リフォーム相談板

サイト:「マンションコミュニティ|リフォーム相談板

リフォーム業者に実際に関わった方からのリアルな口コミを探せる、掲示板タイプのサイトです。業者名ごとのスレッドで、本音のやりとりが交わされています。また、各地域、ローン、管理、リフォーム、中古、譲渡など、気になる項目をチェックすることで、その項目に関する専用スレッド一覧を閲覧できます。

2019年11月末時点で「リフォーム」に関するスレッドは、627ありました。新しい情報がトップに表示されるので、リフォームに関する最新情報を把握しやすいです。

また、マンションコミュニティには利用調査アンケートサイトもあります。「不動産は買い時か?」「住みたい街は?」「マンションや住宅の購入で役に立った情報サイトは?」など、気になる情報のアンケート結果を知ることができて便利です。

サイト:「マンションコミュニティ(掲示板利用調査アンケート)

アンケート結果は2015年以降更新されていませんが、参考になる情報もあります。不動産事情が気になる方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。

口コミの内容は参考程度に利用すること

口コミサイトはリフォーム会社の評判をチェックできて便利ですが、情報の信頼性は高いとはいえないため、あくまで参考程度に利用しましょう。

口コミサイトは評価別に評判がチェックでき、実際にサービスを利用してみた人しかわからない情報が記載されていることもあります。情報価値の高いものが眠っていることもありますが、中には業者が自社の評判を上げるために、サクラとして口コミを捏造していることもあります。

真偽を確かめるのは難しいため、参考程度に留めて、別の情報ともダブルチェックしながら、実際の評判を知っていきましょう。

4. リフォーム会社選びに失敗しない5つのポイント

リフォーム会社選びで失敗しないためには、次の5つのポイントを頭に入れておきましょう。

  • 1.建設許可などの資格を得ている業者を選ぶ
  • 2.商品知識がありメリット・デメリットを教えてくれる業者を選ぶ
  • 3.話し合ったことを書面にしてくれる業者を選ぶ
  • 4.契約を急がせない業者を選ぶ
  • 5.他社の批判ばかりを言う業者は避ける

これらのポイントを把握し、失敗なく業者を選ぶことが、スムーズにリフォームを完了させる第一歩です。

建設許可などの資格を得ている業者を選ぶ

リフォーム工事についての資格を得ている業者を選ぶと失敗は少なく、建築許可の有無は必ず確認しておきましょう。建築許可がなくても500万円以下の工事については請負ができますが、許可を得ている業者ならより信頼度は高いです。

また、500万円を超える工事については、建築許可は必須であるため、あわせて確認しておきましょう。業者が建築許可を得ているかだけではなく、建築士などの有資格者が在籍しているかどうかも重要です。有資格者が多い業者ほど信頼度は高く、実際にリフォームもスムーズに進めやすいでしょう。

商品知識がありメリット・デメリットを教えてくれる業者を選ぶ

自社製品はもちろん、他社製品についての知識も深い業者は信頼度が高いです。また、製品知識が深いだけではなく、メリットとデメリットの両方を教えてくれるなら、誠実な業者だといえるでしょう。

自社から他社までの商品知識が深いということは、それだけ多くのリフォームを実施していて、実績があるということです。いわば使い慣れている商品が多いほど、その特徴や使い方もわかっており、安心して工事を任せやすいといえるでしょう。

話し合ったことを書面にしてくれる業者を選ぶ

リフォームを実施するまでには業者と話し合うことが回数が多く、それらをすべて書面にしてくれる業者なら、信頼度は高いです。

契約時に有効となるのは、基本的には書面に記載した事項であり、口頭でのやり取りは言ったかどうかの判断が難しいため、無効になることも少なくありません。口頭でのやり取りを細かく書面にしてくれるなら、契約時に言った言わないでもめることもなく、スムーズにリフォームを進めやすいでしょう。

契約を急がせない業者を選ぶ

リフォームは綿密に打ち合わせをしてから行うものであり、またかかる金額も高額です。そのため、契約するかどうかの判断に迷うことは多く、これを急がせない業者が優良業者であるといえます。

打ち合わせを短縮したり、無理に契約を迫ったりする業者は、悪徳業者である可能性が高いため注意しましょう。優良業者なら疑問や不安がなくなるまで何度でも説明し、お互いに完全に合意が取れてから契約となるため、この違いは頭に入れておきましょう。

他社の批判ばかりを言う業者は避ける

商品や工事内容などの相談をしていて、他社の批判ばかりをいう業者は、信頼度が低いため、避けたほうが無難です。他社批判をする理由は様々ですが、基本的には他社を貶めることで自社の価値を高め、契約させようとする意図が考えられます。

実績や信頼度があり、他社を貶めずとも契約を勝ち取っている業者は多数あるため、批判の多い業者は避けたほうが無難でしょう。

5. リフォームの依頼時に起こりやすい5つの失敗例

リフォームで失敗しないためには、実際に起こりやすい5つの失敗事例を参考にしましょう。

  • 1.相性の合わない業者に依頼して失敗した
  • 2.1社だけで決めてしまった
  • 3.時間がなくあまり契約内容を見ずに契約をした
  • 4.言われるままに追加工事をして高額になった
  • 5.得意分野でない業者に依頼してしまった

これらの失敗が起きる原因と対処法を紹介します。

相性の合わない業者に依頼して失敗した

リフォームは業者と密にコミュニケーションを取りながら進めていくものであるため、業者との相性は重要です。相性の合わない業者だと、意思疎通が上手く図れず、やってほしいことをしてもらえなかったり、反対に不要な工事をされたりすることもあります。

険悪なムードになってストレスを抱えることもあるため、合わないと感じるなら担当替えを申し出るか、別の業者に依頼するとよいでしょう。業者に気を遣ってそのまま進めてしまうと、後で不満を抱える可能性が高いため、早めに判断して切り替えることが大切です。

1社だけで決めてしまった

リフォームは同じ内容でも施工する業者によって費用や仕上がりの品質が異なります。そのため、1社だけで決めてしまうと、適正価格なのか、本当に正しい方法でリフォームできているのかが分からず、不安を覚えることもあります。

また、実際に割高な費用で損をするケースもあるため、依頼先は複数社で比較して、もっとも条件のよいものを選びましょう。

時間がなくあまり契約内容を見ずに契約をした

契約内容は詳細まで確認しておくことが大切であり、契約書をよく読まずに契約すると、自分に不利な条件が適用されることもあります。例えば高額な資材を使われてしまったり、業者有利な条件でコストについての取り決めが定められたりと、損をすることも多いです。

契約書は契約する前に熟読し、わからない部分は業者に細かく質問しましょう。また、じっくり内容を確認し、適切かどうかを判断するためにも、リフォームは時間に余裕を持って取り組むことが大切です。

言われるままに追加工事をして高額になった

リフォームについての知識がないと、業者に言われるままに追加工事に応じてしまい、費用が高額になることもあります。追加工事の必要性を判断することは難しいですが、事前にリフォームについての基本的な知識を身につけておくと、業者の言いなりにならずに済みます。

追加工事の申し出があった場合は、それがなぜ必要なのか、本当に行わなければならないのかを詳細まで説明してもらうようにしましょう。まだリフォームに着工していない場合は、別の業者に現場調査に来てもらい、追加工事の必要性を判断してもらうこともいいでしょう。

得意分野でない業者に依頼してしまった

リフォームを請け負う業者では、それぞれで得意分野があり、業者の強みから外れた工事を依頼すると、作業の品質が下がることが多いです。

得意分野は合わせて依頼したほうがよいため、業者のホームページから宣伝文句や施工事例を確認して、なにが得意なのかを見極めましょう。信頼度が高いのは施工事例であり、実績を多く積んでいる工事は、その業者の得意分野と考えられます。

6. リフォーム会社を選ぶ際に評判はチェックしよう

リフォーム会社の選択肢はたくさんあります。ハウスメーカー、工務店、リフォーム専門会社、ホームセンター、設備会社の、それぞれのメリット・デメリットを理解して選ぶことが大切です。

知り合いにリフォームをした方がいる場合は、まず紹介をしてもらうことを優先しましょう。いなければ、近くのホームセンターに相談し、リフォーム専門会社は最終手段として頼ることをおすすめします。

この記事で失敗例も紹介しましたが、実績があり評判が良いリフォーム会社であれば、失敗を回避するためのアドバイスをもらえることでしょう。すなわち、評判をチェックしてからリフォーム会社を選ぶことが、失敗を避けるための方法です。

お住いの地域のリフォーム相場、
知ってますか?