玄関ドアのリフォームで補助金がもらえる?申請の手順を解説!

玄関ドアをリフォームをする際には費用がかかり、高額になってしまうことも少なくありません。費用負担を抑えたいならリフォーム内容を工夫するだけではなく、補助金制度を利用するという方法があります。

リフォーム内容によっては補助金の適用が可能なものがあり、制度を上手に使うことでコスト削減は可能です。玄関リフォームに使える補助金制度を知り、費用負担を上手に減らしましょう。 玄関ドアのリフォームに補助金を適用する

POINT

  • 玄関ドアのリフォーム時には、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金」「断熱リフォーム支援補助金」「次世代省エネ建材支援補助金」「長期優良住宅化リフォーム補助金」「地方自治体ごとの補助金制度」など、利用できる補助金制度は複数ある
  • 申請手順は、申請後に補助金制度に登録しているリフォーム業者に工事を依頼し、リフォーム完了後に業者が完了報告をすると補助金が支給され、申請者に戻ってくる
  • 補助金を申請する注意点は、「複数個所をリフォームする場合はリフォーム会社を分けること」「工事の前に申請を行うこと」の2つ

目次

1. 玄関ドアのリフォームに適用できる補助金

p>まずは実際にどのような補助金制度があるのかを知っておくことが大切です。玄関ドアのリフォームで使える補助金制度は複数あり、それぞれで適用条件や支給される金額が異なります。

制度ごとの違いが大きいため、自分の場合はどれが利用でき、もっともお得なのはどれか把握しておきましょう。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金

断熱性の向上や省エネ化推進を目指すリフォームでは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金が適用できます。各種設備の導入に加えて、年間の正味の一次エネルギー消費量がゼロになる場合に、制度が適用可能です。

参考:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金

詳細内容

補助金は75万円で定額であり、地域や建物の規模などに関係なく共通しています。また、蓄電システムを導入していると、初期実効容量の1kWhあたり40,000円、かつ経費の3分の1か、40万円のどちらか低い金額が支給されます。

年度ごとに公募期間は設定されていますが、先着順ではないため、期間内の申請で誰でも適用可能です。

断熱リフォーム支援補助金

断熱素材を使用したリフォームでも、補助金の適用が可能です。適用対象となるのは、高性能建材を使用した場合であり、これに該当する断熱材やガラスを使用したリフォームに補助金が使えます。断熱素材を用いることで冬でも温かくなり、寒い時期も快適に過ごしやすくなるでしょう。

参考:断熱リフォーム支援補助金

詳細内容

補助金額の上限は戸建てと集合住宅で異なり、戸建ては120万円、集合住宅は15万円となっています。また、補助率は建材の経費の3分の1以内です。さらに詳細に見ると、家庭用蓄電システムは、設備費が1kWhあたり20,000円と補助対象経費の3分の1、または20万円のいずれか低いほうが採用されます。

工事費は3分の1以内か1台あたり50,000円のいずれが低いほうです。家庭用蓄熱設備は設備費と工事費を併せて3分の1以内か、1台あたり50,000円の低いほうが採用されます。

次世代省エネ建材支援補助金

省エネ促進を目指す次世代省エネ建材を使用するリフォームでも、補助金が適用できます。対象とあるのは断熱パネルや潜熱蓄熱建材を使用した場合であり、これらは窓や玄関ドア、ガラスのリフォームなどに追加して、補助金の適用が可能です。

参考:次世代省エネ建材支援補助金

詳細内容

補助金額は戸建てが上限200万円で、集合住宅で125万円です。それぞれ下限金額が20万円となっており、これを下回らないように注意しなければなりません。

補助率は経費の2分の1以内です。玄関ドアのリフォームで補助金を適用するには、玄関ドアと断熱パネルか潜熱蓄熱建材のどちらを1つを使用した工事を、同時に行う必要があります。

長期優良住宅化リフォーム補助金

長期的に長く住める住宅にするためのリフォームでは、長期優良住宅化リフォームの補助金が受けられる場合があります。これは耐震性や耐久性の向上や省エネ化を目的としたリフォームや、これらがなされた住宅の購入に適用され、住宅の長寿命化を目指す工事が該当すると考えましょう。

補助金は段階的に設定されており、条件次第では高額支給が得られることもあります。国が実施している制度であり、制度自体の安心度が高いことも特徴です。

参考:長期優良住宅化リフォーム補助金

詳細内容

長期優良住宅化リフォーム補助金の制度概要は、次の通りです。

補助金メニュー特徴補助金額上限補助金額上限(3世代同居対応改修工事をする場合)
評価基準型一定の耐震・耐久・省エネ性が必要100万円150万円
認定長期優良住宅型評価基準型よりも高い一定の耐震・耐久・省エネ性が必要200万円250万円
高度省エネルギー型高度省エネルギー型よりも高い一定の耐震・耐久・省エネ性が必要250万円300万円

工事内容によって異なりますが、最大で300万円までの補助金が受け取れることが魅力です。例えば屋根の外装塗装や防蟻工事、高効率給湯器の設置やLDK高断熱ガラス・点検口などの工事に加えて、玄関ドアをカバー工法で断熱のものにやり替える場合は、約85万円程度の補助金支給が見込めます。

工賃は全体で税抜き300万円ほどになりますが、補助金を使うと税抜き215万円程度となり、費用負担は大幅に削減できるでしょう。

地方自治体ごとの補助金制度

リフォームの補助金制度は国が実施しているものだけに限らず、地方自治体が独自に行っているものもあります。自治体によって実施する内容や補助金の有無は異なりますが、中には玄関リフォームやその他リフォームに適用できるものもあるため、積極的に活用するとよいでしょう。

住んでいる地域で利用できる補助金制度を確認するには、「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」がおすすめです。サイト内ではマップから各自治体ごとの補助金制度を検索できます。

参考:地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

東京都のリフォーム補助金制度

東京都の荒川区では、防犯対策のための住宅設備のリフォームに対して、補助金を支給しています。対象となるのは荒川区に住民登録をしており、かつ現在居住している人のみです。補助金額はかかった費用の2分の1までですが、限度額は5,000円となっているため注意しましょう。

ただし、防犯カメラの新規設置は戸建てで20,000円まで、6戸以上の共同住宅で15万円までと特例が適用されます。また、録画機能付きのドアホンも、限度額が7,000円とやや多く、それぞれの補助金は口座振替によって支給されます。

申請は区役所の生活安全課の窓口で行うか、郵送によって手続き可能です。申請の際には、次の書類を用意しなければなりません。

  • 領収書
  • 印鑑
  • 口座番号
  • 領収書

郵送の場合はホームページから申請書をダウンロードして印刷し、必要事項の記載と押印後、領収書を同封して送ります。

領収書には領収年月や金額、住宅設備のリフォーム内容、施工業者の名称や住所などが分かるものが記載されていなければなりません。

参考:荒川区住まいの防犯対策補助金交付制度

次世代住宅ポイント制度を利用したリフォーム

制度で指定された業者や部材を使用することで、玄関ドアのリフォームでも「次世代住宅ポイント制度」が利用できます。次世代住宅ポイント制度は、申請を行い、該当する工事をすることで、ポイントが貯まります。 貯まったポイントは各種景品と交換可能であり、実際的なコストの減額はないものの、お得であることは確かでしょう。

当初では申請の期限は2020年の3月末までとなっていましたが、新型コロナウイルスの影響により、申請の期限が当初の予定より3ヶ月伸びて、6月30日まで有効です。

2. 玄関ドアのリフォームに使う補助金の申請手順

実際に補助金制度を利用するためにも、申請の手順を知っておくことが大切です。

補助金ごとに細かな違いはありますが、基本的にはこれら3つのステップで申請が完了します。

1.信頼できるリフォーム業者を見つけて契約する

まずはリフォーム業者に工事を依頼します。工事を依頼する際には玄関リフォームやその他の部分の工事について、補助金制度を利用したいと伝えておくことが大切です。補助金制度を利用するには事前に申請が必要であり、契約する時点で業者に申し出ておかなければなりません。

スムーズに補助金制度を利用するには信頼できる業者に依頼することが重要であり、これは補助金制度への事業者登録をしているかどうかで判断するとよいでしょう。補助金の利用を決め、申請を行った後に本契約を結びますが、この時どのような方法で補助金を還元してもらうのかも決めておく必要があります。

補助金は現金のまま受け取ったり、工事費用から差し引く形で適用したりと還元方法が複数あるため、申請時にどのような扱いにするか決めておくことが大切です。

2. リフォーム工事を実施する

申請が終了し、契約を締結した時点で順次工事の実施へと移ります。工事中は依頼した通りに行われているかチェックしたり、床や壁など、特に集合住宅なら共用部分に傷がついていないか確認することが大切です。

工事でできた傷は業者の責任となるため、万が一できた場合は素早く指摘してそこも含めて補修してもらいましょう。工事内容をチェックすることに加えて、全体の工期も確認する必要があります。

補助金制度によっては申請期限が短く設定されていることもあり、工期が長引くと利用できなくなることもあります。申請期限に間に合うように事前に計画を練ることも大切ですが、実際の工事でも遅れがないよう見張っておくようにしましょう。

3. リフォーム完了後に補助金支給

リフォームが終了した後は、業者が制度の提供先に完了の報告を行い、補助金が支給されます。補助金は一度リフォーム業者に支給され、そこから事前に決めていた還元方法によって申請者のもとに戻ってきます。

完了後は出来栄えはもちろん、補助金の支給金額や全体の工費をもう一度確認し、契約時点と変わっている部分はないかチェックしておきましょう。万が一契約時点と違いがある場合は、それを指摘する必要があります。

特に費用が高くなっていたり、受け取れる補助金が少なくなったりしている場合は注意が必要であり、契約書の内容を再度確認して損のないように引き渡しまで完了させなければなりません。

3. 玄関ドアのリフォーム費用を安く抑えるコツ

工事内容次第では100万円以上かかることもある玄関ドアのリフォームですが、方法次第で費用を安く抑えることは可能です。少しでもコストダウンを図るためには、複数あるコツを全て意識して、リフォームに臨むことが大切です。

リフォーム会社は複数の会社で見積もりをとる

同じ玄関ドアのリフォームでも、リフォーム会社によって費用が異なることは少なくありません。そのため、見積もりは必ず複数社で取り、それぞれで条件を比較してよりコストが安いものを選ぶことが大切です。

比較する際の参考情報は多いに越したことはありませんが、手間などを考えると3社程度で確認するとよいでしょう。コストの違いが出るのは、リフォーム会社によって設定している作業工賃や諸経費、部材の仕入れ値などが違うからです。

技術力が高いと費用が高額になることもありますが、高いからといって必ずしも信頼できるとは限らないため、業者ごとの違いや工事内容などは細かくチェックしなければなりません。

また、安すぎる場合も注意が必要であり、自分の求める工事がきちんとできるかの確認も必要です。安いばかりで質が悪いと仕上がりに後悔が残ってしまうため、必ず金額と工事内容を比較し、納得できるものかどうかチェックして依頼先を選定しましょう。

商品のグレードを下げる

ひとくちに玄関ドアといっても商品の種類は多く、それぞれでグレードは異なります。グレードによる金額差は大きいため、費用を安く抑えたいならできるだけグレードを下げることがおすすめです。

部材のグレードは大きくシンプル、スタンダード、ハイグレードの3つがあり、シンプルとハイグレードでは倍以上の金額差になることも少なくありません。グレードが増すほど耐久性やデザイン性が向上し、多機能で使いやすくなることは確かです。

見た目の高級感も出るため、質のよさを求めたい人にはおすすめです。ただし、どうしても費用は高くなってしまうため、基本的な機能で問題がないならシンプルグレードのものがおすすめです。

シンプルグレードでも機能的に劣るというわけではなく、メーカーによってはカラーバリエーションが豊富ということもあります。グレードを下げても質が大きく下がるわけではないため、コストダウンを図りたい人はシンプルグレードのものがおすすめです。

リフォームの補助金制度を使う

補助金制度は多数あるため、工事費用の負担を抑えたいなら積極的に活用することが大切です。上記のもの以外では介護保険による補助金や次世代ポイント制度などが挙げられます。

介護保険の補助金はバリアフリーや介護目的でのリフォームに適用でき、玄関ドアのリフォームでも内容次第では利用できます。

次世代住宅ポイント制度は、該当する製品を使ったリフォームを行うとポイントが貯まり、ポイントを使ってさまざまな商品と交換できる制度です。

補助金として現金還元されるわけではありませんが、交換できる商品の選択肢は多く、お得に使えることは確かでしょう。

DIYで玄関ドアをリフォームする

費用を抑えたいなら、DIYでリフォームをする方法もあります。DIYでのリフォームは、ドアノブの交換や塗り替え、ドア自体の交換など様々です。また、ドア自体の制作も可能であり、材料費だけでできるため、費用は大幅にカットできるでしょう。

ただし、DIYでのリフォームは業者が施工した場合に比べて、仕上がりの見栄えが悪くなることもあります。また、防犯性や安全性なども考慮しなければならず、基本的にはリフォーム業者に依頼するほうがおすすめです。

4. 玄関ドアのリフォームで補助金を申請するとき2つの注意点

補助金を申請する際には、次の2点に注意しなければなりません。

  • 1.部位が重複する場合は両方に申請できない
  • 2.申請は工事は始まる前に行う

注意点も把握して、上手に補助金制度を活用しましょう。

部位が重複する場合は両方に申請できない

工事を依頼するリフォーム会社を分けることで複数箇所の工事で補助金の併用が可能な場合はありますが、同じ部位の工事では補助金の併用はできないため注意しなければなりません。

制度を併用したいなら、それぞれ別の部位のリフォームで適用する必要があるため、1箇所のリフォームなら使用できる補助金制度は1つのみと考えましょう。複数箇所のリフォームで賢く補助金制度を使うなら、あえて別々のリフォーム会社に依頼してそれぞれで制度を適用することもおすすめです。

申請は工事は始まる前に行う

制度ごとに細かい違いはあるものの、リフォームにかかる補助金制度の大半は、工事開始前に申請をしなければなりません。申請せずに工事をし、完了後に申請すると適用されない可能性が高いため注意しましょう。

また、制度や工事の金額、補助金の金額次第では、事前申請と完了報告の両方が必要など、複数回の申請を求められることもあります。制度によって取り決めが異なるため、確実に利用するには申請のタイミングや回数は必ず確認しておきましょう。

5. 玄関ドアリフォームの種類ごとの費用相場

玄関ドアのリフォームとして、風通しをよくするための網戸を設置したり、新しいドアに交換したりするなどの工事があります。それぞれにかかる費用相場は次の通りです。

リフォーム内容費用相場
網戸の設置3~10万円
ドアの交換片開きドア10~25万円
親子ドア15~30万円
両開きドア20~35万円

網戸は、サイズやタイプによって価格が違います。また、玄関ドアも種類によって価格が変わるほか、断熱性や防犯性などの機能や、金属製か木製かなど素材によっても変わってきます。

6. 玄関ドアの種類

玄関ドアのリフォームをするなら、どのような種類のものがあるのかも知っておきましょう。玄関ドアの種類は、基本的に次の2つです。

  • 1.開き戸
  • 2.引き戸

それぞれの違いを知り、自宅に合ったドアを取りつけましょう。

開き戸

手前に開くドアが開き戸であり、洋風な住宅に合いやすいです。断熱効果が高く、取りつけも簡単であるため、リフォームの際に用いられることが多いでしょう。ひとくちに開き戸といっても様々な種類があり、代表的なものだと次の4つがあげられます。

  • 片開きドア
  • 袖付き片開きドア
  • 親子ドア
  • 両開きドア

片開きドアは、手前に引くと片側が開くものです。両開きドアは開く部分が2つあり、片開ドアが2つついたものとイメージするとよいでしょう。

袖付き片開ドアは、ドアの両端に袖と呼ばれる部分がついており、デザイン性の高さが魅力です。親子ドアは出入り口の親ドアと、横に小ドアがついており、大きな荷物を搬入する際などは両方開けるため、利便性は高いでしょう。

引き戸

左右の両方に引くことで開く引き戸は、和風な住宅に使用されることが多いです。開き戸よりも設置する際にスペースが必要となるため、ある程度玄関口の広さがある場合に設置できます。

引き戸は開閉がしやすく、開け閉めに力を必要としないため、高齢者向けといえるでしょう。引き戸には、次の3つの種類があります。

  • 引き違い扉
  • 片開き扉
  • 両引き込み扉

引き違い扉は、引き戸が2枚あり、左右どちらでも開閉が可能です。対して片開き扉は片側にしか開きませんが、洋風のデザインのものも増えています。両引き込み扉は、左右の扉を両方の壁側に開けるため、大きく間口を取れることが特徴です。

7. リフォームする玄関ドアを選ぶポイント

玄関ドアのリフォームでは、次のポイントを踏まえて選ぶことがおすすめです。

  • 1.防犯機能が高い
  • 2.断熱効果が高い
  • 3.風通しや採光がよい
  • 3.家の顔となるデザイン性

これらのポイントを押さえることで、理想を実現しながら、使い勝手のよい仕上がりにもなりやすいでしょう。

防犯機能が高い

玄関ドアのリフォームをする際には、防犯機能の高さを重視することがおすすめです。防犯機能が高いことで安心して暮らせます。防犯性の高さを実現するには、2ロック式のものを選ぶとよいでしょう。

また、セキュリティーサムターンやディンプルキーといった鍵を取りつけることもおすすめです。近年ではカード式のものや、スマホで開閉ができるものもあり、鍵の商品展開は豊富になっています。

断熱効果が高い

快適な空間で過ごせるように、玄関ドアは断熱効果の高いものがおすすめです。玄関ドアの断熱効果が高いことで、部屋の中が寒くなりにくく、リビングなどの生活空間が暖かくなります。

また、夏は暑さを抑えられるため、年中通して快適に過ごしやすいでしょう。室内の温度が安定することで、冷暖房の設備を過剰に使わずに済み、省エネができて光熱費が節約できることも、魅力といえます。

風通しや採光が良い

玄関ドアは風通しや採光のよさも重要であるため、これらも考慮しましょう。玄関は空気がこもりやすく、臭いも残りやすいです。また、湿気が発生しやすい場所でもあるため、風通しはよくしておきましょう。

換気をよくするには、通気口があると便利です。また、採光できる窓やガラスなどがあると、電気をつけなくても日中は明るくなるため、省エネにもなるでしょう。

家の顔となるデザイン性

玄関は家に入る際に一番最初に目につく部分のため、デザイン性にこだわることがおすすめです。玄関ドアのデザイン性が高いと、おしゃれな雰囲気を演出できるでしょう。

玄関ドアは開き戸か引き戸かだけではなく、使用する材質や色などによって雰囲気が大きく変わります。また、玄関は外壁と一緒に見える部分であるため、外観のイメージに合わせると、より全体のまとまりが出ておしゃれに見えやすいでしょう。

8. 補助金の活用で玄関ドアのリフォーム費用を抑えよう

玄関ドアのリフォーム費用を上手に抑えるには、補助金制度の活用がおすすめです。利用できる制度は多く、積極的に活用することで費用負担を大幅に抑えられます。制度ごとの適用条件や申請方法を確認し、ポイントを守って確実に補助金を利用しましょう。