浴室の換気扇交換費用はいくら?種類・節約術も紹介

浴室のリフォームでは、換気扇の交換という作業もあります。換気扇は消耗品であるため、劣化してきたなら交換しなければなりません。その際の交換費用の相場は、作業内容ごとに次の通りです。

  • 換気扇の取り付けだけの場合:約30,000円
  • 換気扇のモーター交換を行う場合:約20,000~30,000円
  • 換気扇を新設する場合:45,000~78,000円

これらの費用を頭に入れた上で、実際のリフォームではいくらくらいかかるのか、より詳細な部分まで見ていきましょう。

POINT

  • 浴室の換気扇を取り付けるだけなら費用は30,000円程度だが、新設する場合は80,000円近くかかることもある
  • 浴室の換気扇にはプロペラ型とシロッコ型のダクト排出型があり、シロッコ型の交換費用のほうが3,000円ほど高い
  • 換気扇の交換費用を節約するためには、メーカーにこだわらない、型落ちを選ぶなどするとよい

目次

1. 浴室の換気扇交換にかかる費用相場

ひとくちに浴室の換気扇を交換するといっても、どのような方法を用いるかはその時々で違います。基本的な方法としては換気扇のみの取り付けかモーターの交換、換気扇そのものを新設するの3つのパターンがあり、それぞれ費用相場が異なります。

作業内容費用相場
換気扇の取り付けのみ約30,000円
モーターの交換約20,000~30,000円
換気扇の新設45,000~78,000円

費用について理解を深めるには、それぞれの内訳を詳しく知っておくことが大切です。

換気扇の取り付けだけの場合:約30,000円

作業内容が換気扇の取り付けのみなら、複雑な作業ではないため料金は比較的安価で済みます。細かい条件によって前後しますが、30,000円程度で交換できる場合が多いです。ただし、30,000円程度の費用は作業工賃のみの目安であり、実際にはこれに換気扇本体の費用も考慮しなければなりません。

換気扇本体の費用:8,000~15,000円

換気扇本体は商品によって費用相場が異なります。基本的な換気機能のみもものなら、8,000~15,000円程度と、比較的安価で購入しやすいです。機能が増えたりか、サイズが増えたりすると費用は上がりやすく、多機能なものは15,000~28,000円程度と考えましょう。

機能が充実していたり、より大きく換気能力が高いと、30,000円以上するものもあります。機能は換気扇によって違いますが、暖房や乾燥、送風などの機能がついたものは人気であり、これらはやや高額になりやすいです。

換気扇のモーター交換を行う場合:約20,000~30,000円

換気扇はモーターによって機能しており、これが壊れただけなら本体まで取り替える必要はありません。本体が新しいならモーターのみの交換もおすすめであり、費用は20,000~30,000円程度です。

ただし、本体を交換する場合でも、本体価格を安く抑えたり、作業工賃が安い業者に依頼したりすることで、モーター交換よりも安価で取り替えられることもあります。基本的にはモーター交換のほうが安いですが、ケースによっては本体ごと交換したほうが安くなる場合もあることは覚えておきましょう。

換気扇を新設する場合:45,000~78,000円

新たに換気扇を設置する場合は、換気扇本体の費用に加えて、各種工事の料金も考慮しなければなりません。新設の際には換気扇を取り付けるための穴を開けたり、電気工事をしたりする必要があります。

作業工程が多いことから費用は高額になりやすく、本体代金も合わせて45,000~78,000円程度が相場です。多機能な換気扇を選ぶと費用はより高くなりやすいため、新設の際には予算を確認しながら商品を選ぶことが大切です。

2. 浴室の換気扇の種類ごとの交換費用

浴室の換気扇は大きく2つの種類があり、それぞれで交換費用の相場が異なります。

換気扇の種類交換費用の相場
プロペラ型13,000~23,000円
シロッコ型のダクト排出式16,000~26,000円

シンプルな機能を持つプロペラ型のほうが安く、設置に複数工事が必要になりやすいダクト排出式のシロッコ型は、高額になりやすいです。

直接空気を排出するプロぺラ型:13,000~23,000円

昔ながらの住宅に多いプロペラ型は、13,000~23,000円程度で交換できます。取り付けられたプロペラが回ることで換気を促しておき、プロペラの力で直接空気を排出しているといえます。

簡単な構造のため取り付けにも費用がかかりづらく低コストで設置できますが、外気の影響を受けやすいため注意しなければなりません。

外気によってプロペラが回ると、排気を邪魔したり、反対に外気が室内に入り過ぎたりします。そのため、風の強い地域や高層階の部屋には不向きなため、これらに該当しないことを条件に選びましょう。

シロッコ型のダクト排出式:16,000~26,000円

円形で筒状ををしたシロッコ型の換気扇で、ダクト排出方式のものだと、交換費用の相場は16,000~26,000円程度です。シロッコ型は多機能なものが多く、本体代金自体も上がりやすいことは覚えておきましょう。

また、ダクト排出式は排気専用のダクトを通して換気が行われるため、これを取り付けるための費用がかかります。換気扇を機能させるにはダクトの設置からアースの取り付け、配線や電気工事なども必要です。工事の工程が多く、かつ換気扇本体も高くなりやすいことから、交換費用は高額になりやすいです。

3. 浴室の換気扇交換費用を節約する4つの方法

リフォームでは高額の費用がかかることもあり、浴室の換気扇の交換でも同じことがいえます。ただし、方法次第で節約は可能なため、リフォーム時には次の4つを意識するとよいでしょう。

  • 1.複数の業者に見積もりを依頼する
  • 2.メーカーのこだわりを捨てる
  • 3.型落ちの換気扇を選ぶ
  • 4.普段からメンテナンスをしっかりしておく

細かい点まで工夫して、少しでも費用削減を目指すことが大切です。

【おすすめ】複数の業者に見積もりを依頼する

費用を少しでも安くしたいなら、複数の業者に見積もりを依頼して、費用を比較するとよいでしょう。同じ浴室の換気扇でも、業者によって金額が違うことは少なくありません。これは業者ごとに本体の仕入れ値が違ったり、工事費や諸経費などが異なったりするからです。

複数の業者に見積もりを依頼することで適正価格が分かり、悪徳業者に引っかかるリスクを避けられます。最低3社以上を目安にすると、より好条件でリフォームをしてもらいやすいです。ただし、金額の安さだけで決めてしまうと失敗することもあるため、金額と作業内容、見積もりの詳細までチェックする必要があります。

工事内容や換気扇の本体の金額などを考慮し、もっともバランスが取れている信頼できる業者に依頼することが大切です。

メーカーのこだわりを捨てる

交換する換気扇の種類を選ぶ基準が機能性にあるなら、メーカーのこだわりを捨てることがおすすめです。有名なメーカーだと知名度が高く、安心して利用しやすいですが、ブランド料も込みになっていて高額なことも少なくありません。

メーカーにこだわらないなら選択肢は格段に増え、同じような機能を持っているものが、格安で購入できることも多いです。メーカーの知名度と商品の品質は必ずしもイコールではないため、換気扇ごとの性能をチェックして、コストパフォーマンスがよいものを選ぶことが大切です。

型落ちの換気扇を選ぶ

より安い換気扇を購入したいなら、少し古い型落ちのものを選ぶことがおすすめです。最新モデルほど高額になることが多く、それほど機能が変わらない場合でも、新しいというだけで高価になることも少なくありません。

型落ちモデルは、最新機能を持っていないこともありますが、機能としては十分なものが多いです。商品の選び方次第では、高機能なものが安値で買えることもあります。

最新モデルが発売されると、ひとつ前の型は割引されることが多いため、新商品発売のタイミングを狙うのもひとつの方法です。

普段からメンテナンスをしっかりしておく

リフォーム費用を節約するには、普段からメンテナンスをしておき、交換の必要性を減らすことも大切です。換気扇はこまめに掃除しておくことが大切であり、定期的にメンテンスをしているほど、長持ちしやすくなります。

気がついた時にさっと拭いたり、フィルターのほこりを取ったりするようにし、3カ月に1回程度は念入りに掃除をするとよいでしょう。こまめなメンテナンスによって状態をよく保てるため、故障のリスクが下がって結果的に交換費用を節約できます。

4. 換気扇のリフォームはどこに頼むのが良い?

浴室の換気扇をどこに頼むかによって、それぞれメリットとデメリットがありますので、それぞれに特徴がありますので、自分にあった業者を選んでください。

業者名メリットデメリット
地域の電気店故障などの対応が素早い浴室換気扇の取り扱いがない店もあり、商品が定価近くで割高感がある
家電量販店やホームセンター・商品によってはセールなど安価なものがある
・ポイントの付与もあり、全般的に価格が安い傾向
・商品の在庫がなかったり、取り付け業者との日程調整などで、設置までに日数がかかる
リフォーム業者・専門的知識があり、特殊な工事にも対応できる
・相談や商品の提案もしてもらえる
工事範囲を広げ余計な工事や付属品などをつけるケースがある

上記以外にも、商品に関する情報として各メーカーのショールムに行き実物を確認し説明を受ける方法もあり、より専門的な情報を得ることができます。

地域の電気店で依頼する場合

地域の電気店で依頼するメリットは、なんといっても近くに店があることと、電気工事の知識があることです。とくに浴室の換気扇は漏電などの心配もあり、最近流行のDIYで自分が取り付けるのには心配な部分があります。

故障をした時でも近くに店があることで安心感も増し、対応も早いでしょう。ただし、浴室の換気扇の専門的知識があるとは限りませんので、修理には対応していなかったり、そもそも取り扱いがない場合もあります。

また、価格的に定価かそれに近い販売価格の場合があり、取り扱い商品がすくないケースもあります。

家電量販店やホームセンターに依頼する場合

量販店やホームセンターでは、浴室の換気扇を展示してる場合があり、実機を確認しながら選べるところがメリットといえます。また、価格的にも値引き商品やセール品などもあり、ポイント付与もあることから安価なイメージがあります。

在庫があれば、持ち帰ることもできますが、取り付けの知識がなく電気工事士免許が必要な商品もありますので、取り付け業者を依頼するのが無難といえます。

また、量販店は在庫のない場合もあり、取り寄せに日数がかかったり、取り付け業者の日程調整で時間がかかったりと、思ったよりも待たされるケースがあります。

リフォーム業者に依頼する場合

リフォーム業者に依頼するメリットは、専門的知識が豊富なので相談に応じてもらったり、よりよい方法を提案してもらえたりと、納得のいく計画が立てられるところです。

また、取り付ける商品によっては配線や取り付け枠の工事なども安心して依頼できるので、仕上げもきれいにでき満足のいく結果が得られることでしょう。

ただし、あまり任せっきりにしますと、知識がないことを裏手にとり、余分な工事やパーツを取り付けたり、他の工事も提案し余分な出費につながる可能性もありますので、注意が必要です。

5. 浴室の換気扇交換費用が高くなる3つのケース

基本的には作業内容ごとの費用相場で交換費用はかかりますが、特殊なケースでは相場以上に費用が高額になってしまうこともあります。

  • 1.サイズの異なる換気扇に変更する場合
  • 2.電気工事が必要になる場合
  • 3.浴室乾燥機能付きの換気扇に変更する場合

これら3つのケースに該当すると、費用が高くなりやすいため注意が必要です。

サイズの異なる換気扇に変更する場合

現在設置している換気扇を取り替え、この時にサイズアップする場合は費用が高くなりやすいです。より大きい換気扇を設置する際には、開口部を広げなければならず、壁や天井に穴を開ける工事が必要です。単純に取り付けをするだけと違って、壁の工事をした上で取り付けとなるため、コストアップしやすいでしょう。

穴あけの状況などによって費用は変動しますが、35~40万円程度の高額の費用がかかることもあるため、注意しなければなりません。

電気工事が必要になる場合

何らかの工事が必要になると交換費用は高くなり、電気工事が必要だとより高額にな りやすいです。換気扇の種類を変更する際にアースの取り付けなど電気工事が必要だと、35万円以上かかることも少なくありません。

特にプロペラファンからダクト排出式のシロッコ型に変更する場合は、ダクトの取り付けや開口部の拡張などで費用がかかることも多いため、高いコストがかかりやすいでしょう。

設置する換気扇の費用次第では、工事費用なども込みで合計50万円以上かかってしまうことも少なくありません。似たようなサイズでも、種類の変更だと工事の手間がかかりやすいため、費用も高額になりやすいと考えましょう。

浴室乾燥機能付きの換気扇に変更する場合

高機能な換気扇ほど高額になりやすく、浴室乾燥機能付きの換気扇などは、費用が高額になりやすいです。商品の代金が高いことに加えて、工事費自体も高くなりやすいため、50万円以上かかる場合もあることは理解しておきましょう。

浴室乾燥機能をつけるリフォームだけでも工事費用は高額になりやすいため、これを換気扇につけるなら、コストアップも妥当といえます。実際には費用は高くつきやすいですが、利便性などを考えると高すぎる出費ともいえないでしょう。

6. 浴室換気扇の交換時期は?

スムーズにリフォームを行うためには、浴室換気扇をどれくらいの時期に交換するのかを知っておくとよいです。リフォームは手間とコストがかかるため、いつ行うべきか判断することは難しいです。耐用年数や交換のサインを知っておくことで、交換すべき時期が見極めやすくなるでしょう。

耐用年数は10年

使用頻度やメンテナンスの状況によって異なりますが、換気扇の基本的な耐用年数は概ね10年です。そのため、10年に一度は交換することが基本と考え、現在の換気扇の状況によっては、早めに交換するとよいでしょう。

10年経過しても稼働する場合は多いですが、耐用年数を超えていると換気性能が下がっていることも少なくありません。十分な性能がない状態で使用していると、換気がうまくいかずに浴室のカビの発生につながることもあるため、換気性能が下がる前に交換することをおすすめします。

異音や異臭

耐用年数は一定の目安であるため、10年以内でも次の症状がみられる場合は、早めに交換を検討したほうがよいでしょう。

  • 回転音が大きい
  • 異音や振動がする
  • 換気性能が落ちた

特に、異音や異臭が出ている場合や稼働音が大きくなっている場合は、換気性能が落ちている可能性が高いです。どれくらい換気できているかは、感覚的な判断になるため難しいのですが、これまでとは違った症状が出ていれば、交換時期に差しかかっていると考えればわかりやすいでしょう。

7. 浴室換気扇交換のDIYはおすすめできない

浴室換気扇の部材は自分でも購入が可能で、工事自体も不可能なわけではありません。しかし、材料費は高くつくことも多く、工事は危険が伴うため、DIYよりは業者に依頼するほうがおすすめです。

実際に自分で部材を購入しても、業者に依頼する場合と金額の違いがそれほど出ないことも多いです。そのため、リスクや手間を考えると、業者に依頼したほうが安全で工事もスムーズに進むでしょう。

また、アース工事が必要な場合は電気工事士しか作業ができず、自分で行うと感電や漏電といった危険も伴います。業者や交換する換気扇の選び方でコストは削減できるため、浴室換気扇の交換は、無理をせず業者に依頼しましょう。

8. 浴室の換気機能が落ちたと感じたらすぐに交換しよう

換気扇は消耗品であるため、ある程度の年数が経過したなら交換しなければなりません。モーターから異音がしたり、臭いがなかなか取れなかったりするなら、交換を検討することがおすすめです。

換気能力が低下してきたなら交換を考え、工事内容や商品代金などの費用も考慮して予算を組んで変更内容を決めていきましょう。