キッチンの換気扇交換の費用相場は?5つのポイントで節約しよう!

キッチンの換気扇は使用頻度が高いため、消耗しやすいです。換気能力が落ちてきたなら交換が必要であり、費用の目安は次の通りです。

  • シンプルなプロペラファンの場合:5,000~12,000円
  • レンジフード付きの換気扇の場合:60,000~80,000円

どの換気扇に交換するかによって、費用の相場は違ってくるため、詳細まで知ってコストを把握しておきましょう。

POINT

  • キッチンの換気扇を交換する費用相場は、プロペラファンかレンジフード付き換気扇かで大きく異なる
  • 交換費用を抑えるためには、安い換気扇を選ぶ、修理や交換で済ませる、余分なオプションなどは付けないなどの方法がある
  • 換気扇によってはDIYで安い費用で交換可能。ただし、レンジフード付きタイプは電気工事が必要で、素人では工事はできない

目次

1. キッチンの換気扇交換にかかる費用相場は?

キッチンの換気扇の交換費用の相場は、次の通りです。

項目交換費用の相場
プロペラファン5,000~12,000円
レンジフード付き換気扇60,000~80,000円
工事費10,000円程度(業者によって異なる)
古い換気扇の処分費用1,500~2,000円程度
出張費無料の場合が多い(業者によって異なる)

換気扇そのもの価格に加えて、工事費など細かい費用もかかるため注意しなければなりません。

シンプルなプロペラファン:5,000~12,000円

シンプルなつくりのプロペラファンは費用が安く、相場は5,000~12,000円程度です。プロペラファンは壁に直接取り付けられており、換気扇部分のプロペラが回ることで換気を行います。壁に穴が開いており、そこに設置されているだけのため、ダクト工事が不要で費用は安価で済みます

プロペラファンは風によって回るため、外気の影響を受けやすいです。そのため、風が強い場所だったり、外気が強くなりやすい高層階では不向きなため注意しましょう。影響を受けづらい平地のほうが、換気機能を阻害されることがないため、使いやすいです。

レンジフード付きの換気扇の場合:60,000~80,000円

比較的新しいキッチンでは、レンジフートが付いた大型の換気扇が多く、交換費用の相場は60,000~80,000円程度です。レンジフードの形状や大きさ、取り付けるファンの種類によって費用は変わりますが、大型で高機能なものほど費用は上がりやすいと考えましょう。

レンジフードが付いたものはダクトも設置されており、換気能力が高いことが特徴です。性能面では優れているため、多少費用が上がるのは妥当といえます。換気扇本体の費用が高額になると、その分全体の費用も上がりやすいため注意しましょう。

交換にかかる費用の内訳

交換にかかる費用の内訳を見ると、次の4つが挙げられます。

  • 1.換気扇本体の価格
  • 2.工事費
  • 3.古い換気扇の処分費用
  • 4.出張料金

換気扇本体の価格は、プロペラファンかレンジフード付きかで大きく異なります。工事費は10,000円程度が相場ですが、業者によって変わることも多いです。工事の工程が多く、内容が複雑になるほど費用は上がりやすいため、交換時に見積もりを確認しておく必要があります。

古い換気扇の処分費用は1,500~2,000円程度が多いですが、これも換気扇の費用によって異なります。大型の換気扇だと、費用が高くなる可能性が高いです。業者によっては出張料金を請求することもあり、これは業者次第、工事を行う地域次第で異なります。

出張料金は無料とする業者も多いですが、有料の業者もあるため、事前に確認しておかなければなりません。また、基本的には無料でも離島や遠隔地など、出張するエリアによって有料となることもあります。出張料金は明記せず、諸経費などとして計算する業者もあるため、見積もりの内容は細部まで確認が必要です。

2. 交換費用を節約する6つのポイント

場合によっては10万円程度かかることも多い換気扇の交換費用ですが、工夫次第で節約することも可能です。

  • 1.一括見積もりサイトで交換費用を比較する
  • 2.本体価格が安い換気扇に交換する
  • 3.不具合がある部分だけの修理や交換
  • 4.交換でオプションをつけない
  • 5.賃貸物件なら管理者に相談をする
  • 6.賃貸物件なら管理者に相談をする

これら5つのポイントを意識して、上手に費用を節約しましょう。

【おすすめ】一括見積もりサイトで交換費用を比較する

交換費用を節約したいなら、一括見積サイトを利用して比較してみることがおすすめです。同じ換気扇への交換でも、業者によって本体価格や工事費が違っている場合があります。最低3社程度で見積もりを取ると、より安価な条件でリフォームしやすいです。

本体価格が安い換気扇に交換する

できるだけ交換費用を節約したいなら、換気扇の本体価格が安いものを選ぶことが大切です。種類別で見るとプロペラファンのほうが安価のため、大幅な費用削減を目指したいならこちらがおすすめです。また、レンジフード付きは高額になりやすいですが、サイズの小さいものを選ぶことで費用の削減はできます。

レンジフード付きのものは横幅によって費用が変わることも多いため、横幅が狭く、コンパクトなものを選びましょう。キッチンの環境によってはプロペラファンでは換気能力が不足することもあるため、性能も考慮した上で本体価格の削減を目指すことが大切です。

不具合がある部分だけの修理や交換

本体を丸ごと交換すると費用が高くなりやすいため、不具合が出ている部分に限定して修理したり、交換することもおすすめです。スイッチやモーターの修理交換だけで済むなら、数千円程度から30,000円以内くらいで済むことも多いです。

もちろん、修理や交換箇所が多いと換気扇を丸ごと交換したほうが安くつくこともあるため注意が必要ですが、1箇所だけで済むなら修理交換のほうが安いでしょう。

特に本体価格が高額になりやすいレンジフード付きのものは、可能な限り修理と交換で対処することがおすすめです。換気扇自体が消耗していないなら、取り替えてしまうのはもったいないため、本体の消耗具合を考慮して考えるとよいです。

交換でオプションをつけない

換気扇を交換する際にはオプションをつけることができ、例えば横幕板を取り付けると費用は高くなります。業者や取り付けるサイズによっても多少異なりますが、8,000円程度増額することが多いため、コストを重視したいならオプションはつけないほうがよいでしょう。

また、換気扇の種類を交換すると追加で工事が必要になり、この場合もオプションと同様で費用が高くなりやすいです。特にプロペラファンからレンジフード付きのものに交換する場合は、20,000円以上増額されることも少なくありません。

ダクトの設置やアースの取り付け、その他電気工事が必要だと、10万円以上かかってしまうこともあるため注意しましょう。

費用をできるだだけ安く抑えたいなら、オプションは極力つけないようにして、換気扇の種類もそのままで交換することがおすすめです。

賃貸物件なら管理者に相談をする

一戸建ての場合は自己判断で交換して構いませんが、賃貸物件なら一度大家や管理会社などに相談してみましょう。寿命による故障なら、管理者に相談することで修理や交換の費用を負担してもらえる場合があります。経年劣化によるものは入居者責任とはならないため、工事の際には一度相談してみるとよいでしょう。

ただし、入居者の過失で壊してしまった場合は、自己負担で交換しなければなりません。自分で交換する場合も一度管理者に相談し、どのような工事内容までが認められるかは確認しておきましょう。

プロペラファンからレンジフード付きに交換する場合などは、壁や天井に穴を開けるなど大規模な工事が必要なこともあるため、勝手に行うと後でトラブルになることもあります。大きな工事が入りそうな場合は相談して、許可を得てから作業を実施しなければなりません。

3. キッチンの換気扇交換はDIYが安い?

換気扇の交換費用は高額になることも多いため、DIYで費用を節約したいと考える人もいるでしょう。結論からいえばDIYでの交換も可能であり、費用も安く抑えやすいです。

しかし、DIYに慣れていない人には難しいことも多く、手間と費用が余計にかかることもあるため、自信がない人は無理せず業者に依頼したほうがよいでしょう。

工具から揃える場合:30,000~50,000円

DIYにあたって工具から揃えて作業を行う場合は、本体価格も含めると30,000~50,000円程度かかることが多いです。必要なものは全てホームセンターで購入できますが、結果的にそれほど大幅に費用が削減できるわけではありません。

また、工具類が一式揃っている場合でも、5,000円程度しか変わりません。工具や本体の購入や移送、実際の作業などの時間的なコストも含めると、業者に頼んだ場合と全体的なコスト自体はそれほど変わらないことも多いです。

慣れない場合は余計な出費がかかることも

DIYに慣れていないと工事が上手くいかなかったり、交換時に故障箇所を増やしてしまったりして、余計な出費がかかることも少なくありません。下手に触ってしまうとあらためて業者に依頼する際に通常以上の費用がかかることも多く、損をすることも多いです。

また、換気扇によっては重たいものや鋭利な部品がついているものもあります。そ れらの取り替えでけがをしたり、コンロや床に落としたりして損傷箇所を増やしてしまうこともあります。簡単な作業だけで済むなら問題ありませんが、レンジフード付きのものなど構造が複雑で重量があるものは、業者に任せたほうがよいでしょう。

また、プロペラファンからレンジフード付きのものへの交換など、壁開けやダクト工事などが必要なものは、個人で行うのは特に難しいです。電気工事は免許がなければ行えないため、必然的に業者に依頼することになります。

4. キッチン換気扇の交換時期は?

キッチン環境をよりよい状態に保つためには、換気扇の交換時期を把握しておくとよいでしょう。耐用年数を知ることはもちろん、どのような症状が出ると交換時期といえるのかも知っておくことをおすすめします。

  • 換気扇から異音がする
  • 換気する強さが弱くなった
  • 油汚れがひどくプロペラの回転が鈍い

これらの症状が出た場合は、換気扇の交換時期であると考えましょう。

キッチン換気扇の種類別耐用年数

キッチン換気扇の耐用年数は、一般的に10年程度といわれています。しかし、使用頻度やメンテナンスの状況によって、実際の交換時期は異なります。使用頻度が高く、かつメンテナンスをしていない場合は、10年以内でも交換が必要な場合が多いです。

反対にそれほど使っていなかったり、メンテナンスをこまめにしていたりする場合は、長持ちしやすいでしょう。ただし、換気扇自体が消耗品であるため、使用頻度が低く、充実したメンテナンスを行っていても、10年に一度は交換することがおすすめです。

換気扇から異音がする

換気扇を回していて異音がする場合は、交換時期にあると考えましょう。異音の原因はさまざまですが、モーターが消耗していたり、換気扇の内部に異常が生じていたりすることが多いです。

そのまま使っていると故障するだけでなく、モーターのオーバーヒートや内部のほこりが原因で発火する危険性もあるため、早めに交換するようにしましょう。

換気する強さが弱くなった

換気扇を回していても、臭いが取れにくくなったり煙などがうまく排出されなかったりする場合は、換気性能が落ちている可能性があります。換気性能が下がると、換気扇を回していても正常な環境が整えられないため、交換したほうがよいです。

換気扇は、長く使っていると次第に消耗して換気性能が下がり、10年以内でも臭いや煙の排出がうまくいかなくなることがあります。換気が弱くなると、キッチンを快適に利用しづらくなります。そのため、感覚的に弱いと感じたら一度点検してもらい、必要に応じて交換しましょう。

油汚れがひどくプロペラの回転が鈍い

換気扇は、使っているうちに油汚れがたまり、これによってプロペラの回転が遅くなることもあります。プロペラの回転が鈍いということは、換気性能が下がっている証拠でもあるため、これまでよりもゆっくり回っている場合は、交換時期といえるでしょう。

ただし、油汚れを落とすことでプロペラの回転速度が戻ることもあります。そのため、一度掃除して正常に作動するか確認してから、交換するかどうか決めるとよいでしょう。

5. キッチンの換気扇交換でよくあるQ&A

キッチンの換気扇交換をスムーズに行うには、よくある疑問点を知っておくことも大切です。

  • 1.本体は自分で買った方が費用は節約できる?
  • 2.キッチンの換気扇を交換する目安は?
  • 3.換気扇の交換頻度を減らす方法は?
  • 4.交換をしないと問題が起きる?
  • 5.見積もり先のごと費用と違いとは?

これらのポイントを把握し、疑問点を解消してから交換に臨むとよいでしょう。

【Q1】本体は自分で買った方が費用は節約できる?

換気扇本体はホームセンターでも購入できますが、自分で買ったからといって費用を節約できるとは限りません。業者が取り扱っている中に安価なものがないなら自分で買ったほうがよいですが、実際には業者のほうが安価で仕入れていることも多いです。

例えば業者によっては卸し価格で購入していたり、大量購入によって割引で仕入れていることも少なくありません。

ものによりけりで費用は変わりますが、絶対的に自分で購入したほうが安いとは限らないため、一度業者が扱っているものを確認し、市販のものと比較して選ぶことが大切です。

購入先を選ぶ際には、次の4つのポイントを意識するとよいでしょう。

  • 設備機器の保証が長い会社
  • 電話やメール等の対応が良い会社
  • 対応が早い会社
  • 何かのポイントや特典がついてくる会社

保証が長く、素早い対応をしてくれる販売会社なら、設備の購入から疑問点の相談までスムーズに行いやすいです。また、割引やポイントなど、何らかの特典がつくところほど、お得に利用できるでしょう。

ただし、自分で設備を用意する施主支給は、リフォーム業者によっては対応してもらえない場合もあるため、事前に施主支給でリフォームを行いたいと伝えておきましょう。この際に、友人や知人に設備の販売会社の人がいて、そこから購入したものを使いたいと伝えると、角を立てずにリフォーム業者に依頼しやすいです。

【Q2】キッチンの換気扇を交換する目安は?

使用状況によって多少前後しますが、一般的に換気扇の交換目安は10年程度で考えられています。交換履歴がなく、10年以上経過しているなら、交換を検討するとよいでしょう。10年以下のものでも使用頻度が高い場合は消耗が早いことも多いため、状態を確認しながら交換すべきか考えることが大切です。

スイッチの切り替えが上手くいかなかったり、モーターから異音がしたりするなら、修理や部品の交換、あるいは本体の取り替えを考えましょう。

また、長く使うほど換気能力は落ちるため、臭いや煙の抜けが遅くなったと感じた 時も交換のタイミングといえます。

【Q3】換気扇の交換頻度を減らす方法は?

10年程度使っているなら交換が必要ですが、それ以前の段階での交換を防ぐには、定期的にメンテナンスをすることが大切です。フィルターの掃除や取り替えをこまめに行うことで、換気扇の消耗スピードをゆるやかにでき、交換頻度も減らせます。

定期的に掃除をすることは非常に重要であり、汚れやすいキッチンの換気扇は1カ月に1回は念入りな清掃を行いましょう。特に油汚れが溜まりやすいため、温度が上がって取れやすい夏場にはより力を入れて掃除することがおすすめです。

【Q4】交換をしないと問題が起きる?

10年以上経過しても使える場合はありますが、換気機能が落ちて十分に排気できず、臭いや煙などが残りやすくなることは多いです。

また、配線が劣化したり、油汚れが溜まり過ぎたりすると、それらが原因で火災が発生する危険性もあります。動いているからといって問題がないわけではないため、劣化が気になるようになったなら早めに交換することが大切です。

【Q5】見積もり先ごとの費用と違いとは?

キッチンの換気扇交換は、大手のリフォームメーカーのほか、ホームセンターや家電量販店などでも行っています。ホームセンターや家電量販店のホームページでは、工事費込みの本体価格が表示されているので、いくつか例に挙げてみましょう。

ホームセンターのコーナンと家電量販店のジョーシンのホームページには、「Rinnaiの間口60cmタイプ(品番:UX3A602LSI)」の標準工事費込みの費用が掲載されています。ジョーシンは10年保証付きで65,980円、コーナンでは65,800円です。コーナンは、通常はメーカー保証のみですが、プラス9,600円(税抜)で10年保証にできます。

どちらも価格はほぼ同じですが、保証期間が違います。ほかにも、細かい条件など違いがある可能性もあるため、大手のメーカーを含めて、複数の業者に見積りを依頼することがおすすめです。

6. キッチンの換気扇交換は費用の見積もりから始めよう

場合によっては高額になってしまうこともあるキッチンの換気扇の交換は、まずは見積もりを行い、費用を把握しておくことが大切です。

見積もりの金額を見て、本体の選び方や取り替えではなく修理や交換で済ますなど、予算に応じて決めることがおすすめです。見積もりの金額を念入りに確認して、適切なコストで交換を行いましょう。