ユニットバスの交換費用は?節約する4つの方法や事例を紹介

ユニットバスの交換を検討する際には、費用がいくらかかるのか気になるのではないでしょうか。ユニットバス交換費用の相場は、45万~150万円だといわれています。 見積もりを確認して、相場よりも高い値段になっていたということもあるため、把握しておきましょう。

ただし、グレードや大きさ、付けるオプションにより費用には差が出ます。また、メーカーによっても費用が異なるため、さまざまなケースを知ることも大切です。

この記事では、ユニットバス交換費用の相場や交換事例などを紹介しています。また、交換費用を抑える方法も解説しているので、参考にしてください。

POINT

  • ユニットバスを交換する費用の相場は、45万~150万円とグレードによって大きく異なり、オプションを付けるとさらに費用がプラスされる
  • 交換費用を抑えるためにはグレードを落とす、本体以外はDIYでリフォームするなどのほか、業者選びも重要
  • ユニットバスは、10~15年に一度の頻度で交換することが一般的

目次

1. ユニットバス交換費用の相場

ユニットバス交換費用の相場は45万~150万円だとされています。ただし、この価格はあくまでも基本料金の相場です。オプションを付けたい場合は、さらに料金が高くなることに注意しましょう。

基本料金やオプションの内容を確認し、自分の予算と照らし合わせながら検討することが大切です。

45~150万円で交換できる

ユニットバスの交換費用は、安くて45万円ほど、高くて150万円以上かかります。交換費用の内訳を大きくわけると、「ユニットバスの価格」「交換に必要な工事費用」「諸費用」の3つです。

ユニットバスの価格は、メーカーやグレードなどにより大きく異なります。余計な機能は付けないシンプルなユニットバスは25万~30万円ほどが相場です。

最低限の機能を付けたベーシックなユニットバスは35万~40万円ほど、快適な機能や高級感にこだわるなら60万円~80万円ほどまで価格が上がります。

解体や内装、配管工事など、基本的に必要になる工事費用も必要です。公示費用の相場は、35万~46万円ほどだといわれています。下記に紹介する工事費用の内訳も参考としてご覧ください。

【工事費用の内訳】

  • 解体工事:80,000~10万円ほど
  • 間仕切壁の撤去による洗面脱衣所の内装を補修する工事:30,000~50,000円ほど
  • 搬入・搬出や養生費などの仮設工事:20,000~30,000円
  • 解体した間の壁の作り直し:30,000~50,000円
  • 電気工事:30,000~50,000円
  • 配管工事:60,000~80,000円
  • ユニットバス施工費:80,000~10万円

紹介した費用はあくまでも目安であり、場合により費用が異なることに注意しましょう。

ユニットバスの種類で基本料金が変わる

ユニットバスは選択肢が豊富で、グレードや大きさ、機能、色などを好みで選ぶことができます。なにを選ぶかにより、基本料金が変わることに注意しましょう。

そこで、グレードと大きさ別に価格相場をまとめました。メーカーにより基本料金は異なりますが、下記で紹介している価格は平均的な相場です。

グレード特徴の例価格相場
0.75坪の場合1.0坪の場合
ローグレード ・シャワーヘッドや水栓がプラスチック製などでシンプル ・浴槽や床は断熱材を使用おらず、冷めやすい 56万~72万円61万~76万円
ミドルグレード ・シャワーや水栓はメタル調でおしゃれ、かつ使い勝手も良い ・浴槽や床は断熱材入りであたたかい ・床が乾きやすい素材 65万~83万円70万~87万円
ハイグレード ・シャワーや水栓が高級感のあるデザインで、使い勝手も良い ・パネルがタイル調など、高級感がある ・ジェットバスや肩湯・打たせ湯などハイグレードしか付けられないオプションがある 89万~107万円94万~112万円

大きさは、マンションの場合は0.75坪がほとんどです。戸建ての場合は0.75坪または1.0坪が同じくらいの割合で採用されています。

オプション次第で20万円以上の費用が上がることも

オプションを付けることで、基本料金よりも20万円以上高くなることもあります。オプションの内容や価格もメーカーによりさまざまです。

下記に、多くのメーカーが採用している代表的なオプションの例と価格相場を紹介します。

オプション価格相場
追炊き機能を付ける30,000~40,000円
浴室換気暖房乾燥機を付ける70,000~90,000円
残り湯利用機能を付ける30,000~40,000円
折り戸から三枚引き戸に変える70,000~90,000円
手すりを付ける(1本)5,000弱~10,000円
浴室スピーカーを付ける50,000~60,000円
浴室テレビを付ける12万~14万円
ジェットバスや肩湯を付ける12万~14万円
給湯器の交換15万~20万円

オプションは複数付けるほど快適になりますが、費用は高くなります。基本料金と予算を照らし合わせて、あといくら予算に余裕があるかを調べましょう。その範囲内でオプションを検討することが大切です。

在来工法からユニットバスに交換の費用相場

内容費用相場
在来工法からユニットバスへ交換40万〜200万円
コンクリート土間打設約7万円
浴槽の解体・撤去約4万円

ユニットバスに交換する場合、基礎工事と浴槽の解体や撤去の費用がかかります。床材に使われている土間コンクリートの高さを調整する必要もあります。在来工法で交換の工事は同様ですが、それに合わせ全てのパーツを個別に購入する必要が出てきます。

それに比べてユニットバスに変更する場合は、床や壁だけでなく全てのパーツがセットになっているため、費用が抑えられるという特徴があります。

2. ユニットバスの交換費用を抑える5つの方法とは?

下記は、費用を抑える4つの方法です。

  • 1.複数の業者に見積もり依頼を出す
  • 2.グレードの高いユニットバスを選ばない
  • 3.本体以外のリフォームをDIY
  • 4.自治体の補助制度で助成金をもらう
  • 5.自治体の補助制度で助成金をもらう

ユニットバスの交換は、場合により数百万円など高額な費用がかかることがあります。少しでも費用を抑えたいなら、上記の内容を試してみましょう。1つずつ詳細を解説します。

複数の業者に見積もり依頼を出す

ユニットバス本体の価格は、業者がよく取り扱うメーカーだと割引されるケースがあります。また、業者によって同じ工事でも費用が異なるため、複数の業者に見積もり依頼を出して比較することが大切です。

2~5社ほど見積もりを比較し、まずは本体価格が安い業者を見つけましょう。なお、相場よりも安すぎる工事費用を提示して、総額を安くしている業者は注意が必要です。後で問題が見つかったことを理由にして、追加費用を請求されるケースが稀にあります。

ただし、工事費用が安くても後で追加費用を請求されることがなく、丁寧に工事をしてくれる業者もいます。見積もり価格が相場よりも安すぎると思った場合は、担当者に安さの理由を尋ねるとよいです。 お住いの地域のリフォーム相場、
知ってますか? リフォームのナコウドで診断する(無料)リフォームのナコウドで診断する(無料)

グレードの高いユニットバスを選ばない

グレードの違いで価格は大きく変わります。グレードが高いものは、見た目や機能性が良く魅力的ですが、予算と照らし合わせて無理のないグレードのユニットバスを選びましょう。

例として、LIXILのマンション向け商品で、グレードの違いでどれだけ価格差があるかを紹介します。

グレード機能価格
スパージュ・エコフルシャワー
・キレイサーモフロア
・くるりんポイ排水口
・キレイドア
・キレイ鏡
・サーモバスS
・2重構造壁パネル
・グランザ浴槽
109万8,000円(1616サイズ)/105万8,000円(最小サイズ1216)
マンションリフォーム用システムバスルーム リノビオV・まる洗いカウンター
・フルフォールシャワー
・エコフルシャワー
・キレイサーモフロア
・くるりんポイ排水口
・キレイドア
・キレイ鏡
・人造大理石浴槽
・サーモバスS
100万1,000円~(1418サイズ)/78万6,000円(最小サイズ1116)
ソレオ・エコフルシャワー
・キレイサーモフロア
・くるりんポイ排水口
・キレイドア
・キレイ鏡
・サーモバスS
80万3,300円~(1317サイズ)/64万5,800円~(最小サイズ1116)

グレードの高いユニットバスを選ぶと、100万円を超えます。TOTOなどのほかのメーカーでも同じです。グレードを抑えるだけで、数十万円という単位で安くなります。

参考:LIXIL

本体以外のリフォームをDIY

業者に依頼すると工事費用の中に人件費も含まれますが、DIYは人件費を節約できます。ただし、DIYできる場所とできない場所があることに注意しましょう。

本体は配線や水まわりの工事が必要となるため、業者任せにすることをおすすめします。一方で、シャワーヘッドの交換や鏡の張替えなどはDIY初心者でもできるような作業です。シャワーヘッドは比較的簡単ですが、鏡の張り替えは、慣れていないと難しく感じる方もいるかもしれません。

DIYに慣れている人は、床の張り替え、壁のリフォームまで自分でする方もいます。しかし、初心者には難しいため、自信がない場合は業者に依頼しましょう。

もし失敗した場合、やり直しのために結局業者に依頼することになり、費用が余計にかかってしまうため、基本的には業者に依頼することをおすすめします。

自治体の補助制度で助成金をもらう

一定の条件を満たした場合、国や各自治体の補助制度を利用して助成金をもらえることがあります。

支給額/減税額
バリアフリーリフォーム・通路等の拡幅
・階段の勾配の緩和
・浴室改良
・便所改良
・手すりの取りつけ
・段差の解消
・出入口の戸の改良
・滑りにくい床材料への取り替え
20万円
省エネリフォーム・すべての居室の全ての窓の断熱工事
・床・天井・壁の断熱工事
・太陽光発電設備設置工事
・高効率の空調機や給湯器の設置工事または太陽熱利用システム設置工事
・最大25~35万円の所得税控除
・最大62万5,000円の所得税控除
長期優良住宅化リフォーム・小屋裏の換気性を高める工事
・小屋裏の状態を確認するための点検口を天井などに取りつける工事
・外壁を通気構造などとする工事
・浴室または脱衣室の防水性を高める工事
  ・土台の防腐または防蟻のために行う工事
・外壁の軸組などに防腐処理または防蟻処理をする工事
  ・床下の防湿性を高める工事
・床下の状態を確認するための点検口を床に取りつける工事
・雨どいを軒または外壁に取りつける工事
・地盤の防蟻のために行う工事
  ・給水管、給湯管または排水管の維持管理または更新の容易性を高める工事
・最大25~50万円の所得税控除
・最大62万5,000円の所得税控除
各種自治体自治体によって異なる自治体によって異なる
介護保険・手すりの取りつけ
・段差の解消
・滑りの防止や移動円滑化ができる床材・通路面の材料の変更
・扉を引き戸へ取り替え
20万円
次世代住宅ポイント制度ポイント制度に該当する製品を使ってのリフォームポイントと商品を交換できる

例えば、要支援または要介護の認定を受けている家族がいる場合、「介護保険制度」の利用が可能です。支援や介護に必要なリフォーム工事に関しては20万円まで補助金をもらえます。

また、「次世代住宅ポイント制度」についても知っておきましょう。節湯水栓、浴室乾燥機など、エコ住宅設備や家事負担軽減設備のリフォームを対象に、1ポイント1円相当のポイントを受け取ることができます。

補助制度は自治体により内容が異なるため、詳しくは市役所や区役所の窓口、またはホームページで確認しましょう。

施主支給でリフォームを行う

リフォームの費用を抑えるためには、自分で設備を用意する施主支給という方法もおすすめです。施主支給を行う際は、次のようなメリットやデメリットがあります。

メリットデメリット
施主支給・商品の選択肢が広がる
・安価で購入できる
・設備の不具合などの責任の所在が不明になりやすい
・施主支給に対応してもらえない場合もある

施主支給では、業者では購入できない設備が買える場合もあり、商品選択の幅が広がる点がメリットでしょう。また、購入先によっては安く買えることもあり、コストも削減できます。

デメリットとしては、設備に問題があった場合には、自分でメーカーに問い合わせる必要がある点があげられます。また、施主支給に対応していないリフォーム業者もあるため、この点にも注意しましょう。

施主支給をスムーズに行うためには、事前にリフォーム業者に申し出ることが大切です。その際は「友人や知人に設備販売会社の人がいて、そこから購入したい」と伝えることをおすすめします。購入先の業者は、次の4つのポイントを意識するとよいでしょう。

  • 設備機器の保証が長い会社
  • 電話やメール等の対応が良い会社
  • 対応が早い会社
  • 何かのポイントや特典がついてくる会社

どこで購入するかによってメリットは異なるため、対応やサービスがよくて、特典などがついている業者を選ぶと、メリットは大きくなりやすいです。

3. ユニットバスの交換で知っておくべき3つのこと

具体的にユニットバスの交換工事の手続きを進める前に、下記の3点について把握しておきましょう。

  • 1.ユニットバスの交換頻度
  • 2.工期の目安
  • 3.戸建てとマンションでのユニットバスの違い

この3点は、最低限知っておくべきことだといえます。最後によく確認してから、交換工事の手続きをすすめましょう。

ユニットバスの交換頻度は15~20年に1度

ユニットバスの交換するタイミングの目安はさまざまですが、以下の症状が確認されたら交換を考える時期といえます。

  • 1.カビの発生は早く掃除をしても消えない
  • 2.排水溝から嫌な臭いが発生し消えない
  • 3.床や壁にひび割れやふくらみ、サビが目立つ
  • 4.換気扇が動かないまたは、異音がする
  • 5.コーキング部分が剥がれたり、劣化している
  • 6.交換したいパーツの生産や販売が終了している

法定耐用年数は、木造住宅のユニットバスで22年だといわれています。法定耐用年数とは、どれくらい持つかの目安を定めたものです。

しかし、必ず22年間使えるということではありません。経年劣化だけではなく、浴室内のカビや錆び、ニオイの染み付き具合などにより、交換するタイミングは前後します。使用状況などさまざまな影響で交換時期には差が出ますが、一般的には10~15年ほどで交換するケースが多いです。

なるべく長く使用するには、毎日の掃除やカビ対策など、日々のメンテナンスに気をつけましょう。

  • 1.排水口の匂いが気になる
  • 2.カビが発生しやすい
  • 3.浴槽にサビが浮いている
  • 4.コーキングのひび割れ

交換完了の目安日数は2~6日

ユニットバスからユニットバスへ交換する場合、交換が完了するまでの工期の目安は2~6日です。在来浴室からユニットバスへ交換する場合は、4~8日が目安となります。

また、どちらも水が使えない時間が1~2時間ほどあるため、事前に対策しておきましょう。さらに、大きな音が出る期間が1日前後あります。工事をする前に、近隣や左右前後に住んでいる方に、騒音でご迷惑をおかけすることに対してお詫びをしておくことも大切です。

戸建てとマンションでのユニットバスの違い

メインの違いはサイズで、基本的な性能は同じです。戸建てのほうが天井が高いなど空間にゆとりがあり、ユニットバスのサイズも違います。マンションは空間もユニットバスのサイズもコンパクトです。

システムバスのサイズは、主に次の3種類があげられます。

  • 0.75坪タイプ(160 ×120cm)
  • 1坪タイプ(160 × 160cm)
  • 1.25坪(160 × 200cm)

マンションは0.75坪タイプが主流ですが、広さに余裕がある場合は特注して、サイズアップすることも可能です。戸建ては1坪以上が主流で、自宅の広さによってどのサイズを導入できるかは異なります。ゆとりを持たせたい場合は1.25坪以上か、特注でさらに大きめのサイズを選んでもよいでしょう。

また、戸建ては間取りに余裕があるため、高機能なラインナップが多くなっています。メーカーとしても、戸建てのラインナップに力を入れている傾向があり、マンションと比べてデザイン性に差があります。

なお、戸建てでもマンション用のコンパクトなユニットバスにすることもできます。違いはサイズだけで基本的な性能は変わらないため、安心してください。

4. ユニットバス交換費用の2つの事例

ユニットバス交換費用の2つの事例として、「マンションで標準モデルでの交換例」と「3点ユニットバスの交換例」を紹介します。工事費用は、業者により商品価格などが値引きがされた価格です。そのため、似たような事例でも価格に差が出ます。

また、そのほかの条件によっても価格に差が出ることがあるため、紹介する事例はあくまでも参考値としてご覧ください。

マンションで標準モデルでの交換:45万円

工期は1~2日ほどです。交換費用には、下記のもの含まれています。余計なオプションは付けず、ドアや水栓、シャワーなども交換した事例では、45万円かかりました。ユニットバスからの取替工事で、在来浴室からの取替ではありません。

  • 商品代金(壁パネル、浴槽、浴槽排水栓、床、ドア、水栓・シャワー、シャワーフック、照明、タオル掛)
  • 工事費
  • 諸経費

3点ユニットバスの交換:92万円

2水栓、P型カウンターの3点ユニットバスを交換した事例では、92万円かかりました。大きさは0.75坪、工期は3日間ほどです。交換費用には、下記のものも含まれています。

  • 商品代金(「TOTOユニットバスルーム ホテル向け ERV1116UMG」のほか、壁、床など多数)
  • 工事費
  • 諸経費

なお、TOTO3点ユニットバスER-Mタイプ、1116サイズの定価は94万8,000円です。

参考:TOTO

5. 費用を把握してユニットバスを交換しよう!

はじめにユニットバスの交換費用の相場が45万~150万円と紹介しましたが、グレードやオプションなどで価格に差が出ます。また、工事を依頼する業者によっても費用に差が出ます。

例えば、ほとんどのケースでユニットバス本体の定価よりも値引きされるため、依頼する業者により本体の価格が違うことに注意が必要です。複数の業者に依頼し、見積もりの内訳を比較して、なるべく費用を安くできそうな業者を選びましょう。

また、リフォーム工事の相場を把握することも大切です。相場と見積もりを比較し、納得をしたうえでユニットバスを交換しましょう。